四柱推命のおすすめ本

最近、四柱推命の記事が続いてますから、ここでおすすめの本を紹介していきましょう。手に入りやすい書籍から選んでいるので、安心してください。

 

基礎から最高峰を目指す四柱推命の本 小山内彰

最初に四柱推命を学ぶにはこの本が良いと思います。十干の五行の相生相剋のみで見るし、格局も取らないので賛否両論ありますが、その分五行の相生相剋や性質の理解が進みます。しかも比較的簡単です。

 

盲師派推命占術 段建業

これもかなり異端ですが、中国の目が見えない人たちが伝えてきた四柱推命になります。その分理論は難解なので、完全に沼にハマります。十干や十二支の関係性が独特で面白いですが、これも格局は取らないです。不思議研究所版(日本語)は高いですが、中国語の書籍は安く手に入ります。

 

四柱推命の謎と真実 波木星龍

これはそもそも四柱推命とは何か?という客観的な分析の本になります。四柱推命がどのように発展してきたかも理解できます。判断方法は格局を取る伝統的な四柱推命の部類に入ると思います。

 

四柱推命大鑑 御堂龍児

これは格局を取り、喜神・忌神もきっちりと決めて判断していく伝統的なやり方になります。説明がわかりやすいので良著だと思います。

 

エッセンスシリーズ① 四柱推命 照葉桜子 東海林秀樹 瀬名瑞希

日干の強さは基本的に身強か身弱で判断するのが、伝統的な四柱推命の特徴ですが、ここに身中という新しい概念を持ち込んでいます。

 

四柱推命-運命がズバリ当たる! 相性がよくわかる 林 秀靜

これも格局を取り用神や忌神の五行を選定するタイプの四柱推命の本です。干合や支合の説明が細かくてわかりやすく理解が進みやすいです。干合や支合では五行が変化する考え方がありますが、その条件を丁寧に説明しています。

 

脳内独り言64(四柱推命)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です