五行易的 ”雷火豊” の見方(64卦シリーズ-46)

前回の澤火革は、革命を連想させる卦でした。

革命的な歴史上の人物といえば、チェ・ゲバラ、項羽、ラヴクラフト、モディリアーニなどを思い浮かびます(偏ってる?)。

いずれも各分野で多大な功績があった人々ですが、最後は不・・・

 

今回は

 

 

雷火豊(らいかほう)

 

 

です。

 

上半分の外卦は震(しん)です。

震は振動の震であり、音で表現すると騒がしい、賑やかななどの意味になります。

下半分の内卦は離(り)です。

離は火であり、光であり、地上にあれば松明です。

地上で松明を灯し、賑やかな音を出している象です。

その上、『豊』は器に盛られた食物であり、これらの意味をまとめれば、楽しく賑やかな宴会、宴席を表しています。

そういうことで、基本的には『豊か』という意味になりますので、基本的には良い卦です。

ただし、時間軸から見れば、今は食物が豊かに収穫できて、宴席を設けていて楽しいでしょうが、宴席が終われば、次の収穫に向けての準備を始めなければなりません。

 

爻位や六親からの見ると、自分を表す世爻は五爻にあります。

五爻は尊位(貴重、尊い)です。

これは、爻位の構造を理解すればわかります。

 

 

上の図を見てもらえればわかると思いますが、内卦と外卦に『天・人・地』とそれぞれ配置されています。

これは、三つの爻位(天人地)から世界が成り立っているという考えであり、三才(さんさい)といいます。

二爻と五爻は人の爻位であり、雷火豊は五爻が世爻(黒の◎)であり、これは人の上の立つ人を表し、故に尊位の意味になります。

自分はすでに高い位にあり、相手を表す応爻の官鬼が二爻にあります。

二爻は自分より下で人を表し、官鬼は官職であり、土は世爻を生じて、自分を慕って仕えてくれる人がたくさんいる様子なのです。

よって、雷火豊は豊作、収穫、高貴、偉大、歓喜などの意味があるのです。

 

 

※五行易は月日の十二支からの影響を見て、用神が強いか弱いかで吉凶を判断しますので、下記の説明は鵜呑みにせず、参考程度に留めてください。あくまで、卦自体の象、六親、爻位の関係性から見た仮の吉凶ということです。

 

仕事運 ★★★★★ 用神は官鬼

良いです。

世爻が五爻にあり、職場である程度の地位にあることを示しています。

用神は官鬼であり、五行は土で、世爻の金を生じて良い組み合わせです。

応爻は相手、他所の意味であり、二爻は自分より下の爻位で部下の意味があり、職場では部下に慕われているでしょう。

六爻は退職者、会長、先輩などに意味であり、年下だけではなく、年長者にも気に入られており協力者も多い暗示です。

ただし、初爻の子孫や、二爻の官鬼のみ動爻になれば、一転凶になり、仕事で悩みが出る暗示です。

 

異性運

男性の場合 ★★★ 用神は妻財

まあまあです。

用神である妻財が世爻のすぐ下にあり、相手を意味する応爻が世爻の金を生じて、悪くない組み合わせですが、肝心の妻財の五行が火であり、世爻を剋しています。

これは、相手から責められやすく、若干相性が悪いという暗示です。

また、応爻は世爻を生じますが、男性の意味のある官鬼があり、六爻にも官鬼があり、相手が他の男性に興味が移りやすいことを意味します。

特に異性運を占う場合、用神や応爻が動爻になれば、心変わりを示しやすいので、注意が必要になります。

 

女性の場合 ★★★★★ 用神は官鬼

良いです。

用神の官鬼が二爻にあり、二爻は家の爻位で、家に男性が入る(居る)意味になります。

応爻は相手や他人の意味になりますが、異性運の場合は夫や妻の意味を持ち、この場合は応爻に官鬼がありますから、自分が相手のことを気に入っている暗示になります。

また、世爻が金で官鬼が土であり、自分を生じる関係になりますので、相手はあなたに尽くすタイプになります。

ただ、官鬼は二爻であり、陰爻で、五行は土です。

これは、控えめに尽くすタイプということで、あなた自身でイニシアティブをとらなければいけない関係です。

 

金運 ★★★★ 用神は妻財

用神は妻財午火で世爻を剋する関係です。

相性を見れば、相剋関係は良くないですが、お金は相性の問題はあまり関係がありません。

物や人では無いからです。

剋すれば、自分(世爻)にエネルギーの流れが来ますので、お金が手に入りやすい暗示になります。

 

 

学業運 ★★★★★ 勉強、資格などの用神は父母、試験は官鬼

良いです。

勉強、資格、試験運すべてにおいて良い組み合わせになります。

世爻に父母があり、五爻にあるということは、平時の成績も良いことを表し、資格も自分に合った良い資格になります。

官鬼は合格に意味がありますから、土で世爻を生じて、非常に合格に近い暗示です。

ただし、二爻の官鬼丑土のみ動爻になれば、一転凶になります。

 

 

外出運 ★★★★ 用神は世爻

良いです。

目的地の意味のある応爻が土で、世爻の金を生じて安全な外出になります。

仕事関係の外出であれば、得るものが多いでしょう。

デートなどの外出であれば、女性が占えば吉になり、男性の場合は少し不利になります。

 

 

創造力・アイデア運 ★ 用神は子孫

良くないです。

用神である子孫卯木を世爻の金が剋してしまい、今のあなたは現実的なことに興味があります。

また、世爻の申金が十二運では木の絶であり、アイデアや創造とは無縁です。

なので、この場合は三爻の兄弟亥水が改善の鍵になります。

兄弟は同僚、友達の意味であり、三爻も同僚、友達の意味です。

五行は水で、子孫の木を生じて強めます。

雷火豊は宴会、パーティなどの意味がありますから、積極的に同僚や友人に関わっていきましょう。

 

 

健康運 用神は世爻

世爻が弱ければ、五爻は五官の爻位であり、金は骨や歯で、肩こりや首痛、歯痛が出やすくなります。

また、世爻を剋する妻財が火の五行で四爻(胸の爻位)にあり、心臓、血液系の病気にも注意です。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です