カルロス・クライバーの命式を読む(三柱)

天才的指揮者であるカルロス・クライバーの命式を見ていきたいと思います。クライバーはDGから出ているCDなども良いのですが、ぜひライブ盤を聴いてみてください。ウィーンフィルとのニューイヤーコンサートも良いです。また、ライブの映像も素晴らしいです。指揮が音楽と一体化して非常にエネルギッシュで美しいです。Youtubeでも観れます。

 

続きを読む →

チェリビダッケの命式を読む

前回はクラシック界の帝王カラヤンでしたが、今回は同時代を生きた名指揮者のチェリビダッケを見て行きたいと思います。おすすめはモーツァルトとシューベルト以外になります。何故かというと、良くも悪くもチェリビダッケは自分の世界観に曲を合わせるタイプであり、少しでもいじったら崩れるような曲は苦手だからです。でもブルックナーDGのスキタイ組曲ロシア、フランス系の曲を聴けば衝撃を受ける事間違いないです。

 

続きを読む →

横尾忠則氏の命式を読む(三柱)

前回はモディリアーニでしたが、今回は現代のアーティストである横尾忠則氏の命式を見ていきたいと思います。時間がわからないので三柱のみですが。横尾氏はもちろん作品も良いですが、文章が非常に巧みで上手いので本もおすすめです。

 

続きを読む →

モディリアーニの命式を読む

前回は美術界のスーパースターだったピカソでしたが、今回はそのピカソすら憧れたという夭折の天才モディリアーニの命式を見ていきます。いやあ、いいですよモディリアーニ。本物はもちろん見ていますが、絵から出る生々しいオーラが違います。ぶっちゃけピカソより好みです。

 

続きを読む →

脳内独り言69(改善のこと)

私は毎年年運を占い、その年に備えます。もちろん今年も改善物を使っています。改善でまず大事なのは自分自身の健康・安否運でしょう。いくら金運が良くたって世爻が弱ければ楽しくないからです。しかし、宿命ラインで決まっているとなかなか改善が効きにくいです。効きにくいと行っても軽減されますが、病気や怪我などはある程度は受容しなければいけません。なぜならその状態は陰であり、その後の運気が陽に移行しにくくなるからです。

 

続きを読む →