五行易的 ”火山旅” の見方(64卦シリーズ⑱)

前回は見た目は一見華やかなのですが、内側に深い苦悩を抱えている孤高のアーティストみたいな離為火でした。

 

今回は、

 

 

火山旅(かざんりょ)

 

 

です。

 

 

 

上半分の外卦は離(り)になります。

離とは読んで字のごとく、離れるということで、すなわち別離を表します。

下半分の内卦は艮(ごん)です。

艮は止まるという意味があり、離が別離であれば、今の場所から離れて他の場所に止まるといことになります。

ということで、故郷を離れ、遠くの他郷に行くという意味にあり、それゆえに旅と名づけたのです。

 

六親、爻位の象から見ると、世爻は自分自身です。

初爻は足、脚の意味があります。

ということは、自分自身が歩いて移動するということです。

応爻は他所であり、目的地です。

世爻は応爻を生じながら相合します。

 

相合は重なる、近づくの意味で、すなわち自分が目的地に向かって行くことを表し、移動するという意味を強めます。

また、六親五類の子孫が世爻にあります。

子孫は悩み、災いの意味のある官鬼を剋することから、喜びや楽しみの意味になるので、自らそれを求めることでもあります。

すなわち自らその移動(旅)自体を楽しむのです。

そういうことで、火山旅には外出、行方をくらます、行動、変化、別離、逃げるなどの意味合いも出てくるのです。

 

まあ、でも旅というのは楽しいことも多いですが、さまざまなトラブルにも見舞われやすいので、苦労も多いです。

火山旅が出たときには、結果を求めず、旅のプロセス自体を楽しむという姿勢が重要になってきます。

 

※五行易は月日の十二支からの影響を見て、用神が強いか弱いかで吉凶を判断しますので、下記の説明は鵜呑みにせず、参考程度に留めてください。あくまで、卦自体の象、六親、爻位の関係性から見た仮の吉凶ということです。

 

仕事運 ★ 用神は官鬼

良くないです。

官鬼亥水が伏神で隠れて、世爻に忌神である子孫辰土があります。

伏神で隠れる時点でマイナスなのに、世爻の土が官鬼を剋して弱め、仕事がうまくいかない暗示です。

また、火山旅には逃げるという意味があるので、仕事がイヤになり逃げ出したいときにも出やすい卦です。

 

異性運

男性の場合 ★★★ 用神は妻財

まあまあです。

妻財が二つあり再現して、対象が二人以上いる場合は誰を選ぶか迷う暗示です。

世爻に原神である子孫辰土があり、積極的に行けばよさそうですが、世爻のみ動爻(積極的)になれば失敗します。

ですが、基本的には相手の意味のある応爻に妻財があり相性は悪くありません。

応爻の方が一つだけ動爻になれば、相手が積極的にアプローチしてくる暗示があります。

 

女性の場合 ★ 用神は官鬼

良くないです。

官鬼が妻財に伏神で隠れて、応爻にも妻財があり、相手は他の女性と親しくしている暗示です。

また、世爻の五行が土で官鬼の水を剋するので、相性は良くないです。

世爻が辰土で水の墓です。

墓には、管理、ゲットする意味があり、自分が相手をゲットして自分のモノにしたいのですが、ゲットしようとすると、官鬼を剋してしまい弱めてしまいますので、なかなかフラストレーションが溜まりやすい組み合わせです。

 

金運 ★★★ 用神は妻財

まあまあです。

世爻が土で、妻財の金を生じて強くするためです。

ですが、応爻と相合関係になり、これは他人にお金が流れていく意味があり、お金は溜まりにくいでしょう。

応爻の妻財のみ動爻になれば、お金が入ってきます。

 

学業運 ★ 勉強、資格などの用神は父母、試験は官鬼

父母は伏神で隠れて、五行は木で世爻を剋してしまい勉強、資格では不利です。

世爻に遊ぶという意味の子孫があり、勉強より遊びを優先してしまうのです。

試験運も良くないです。

合格の意味のある官鬼が伏神で隠れて、本卦に表れていません。

また、世爻が土で、官鬼の水を剋してしまい、自分で不利な状況を作り出してしまうのです。

 

外出運 ★★★★ 用神は世爻

悪くないです。

世爻に子孫で楽しいなどの意味があり、火山旅は出かける意味がありますから、基本的には楽しいお出かけでしょう。

が、初爻の世爻のみ動爻になれば、良くないです。

例えば、出かける予定で占って、初爻のみ発動すれば何か不順が起きたり、出かける気が無くなったりする暗示です。

 

創造力・アイデア運 ★★★★ 用神は子孫

子孫を用神とします。

世爻に子孫があり、これは外出運の場合と用神は同じです。

五爻にも子孫があるので、五爻は道の爻位です。

火山旅は出かけるという意味で、五爻は道なので、外出すればアイデア・創造運が高まりやすい・・と言いたいところですが、一人で外出すれば、世爻のみ動爻になるので不利になります。

兄弟の五行は火であり、世爻を生じる五行で原神です。

友人・兄弟と外出すれば、世爻の土を強めて、あなたに良い影響をもたらすでしょう。

 

健康運 用神は世爻

世爻の強さ次第ですが、子孫は健康などの意味があり、病気の意味のある官鬼が伏神で隠れていますから、基本的には悪くないです。

ですが、初爻のみ動爻になってしまうと、楽しくなくなるという意味になって悪い影響があります。

また、初爻は足の意味がありますので、足の怪我や病気に注意です。

この卦は六合卦で、初爻と三爻、二爻と四爻、三爻と六爻の十二支同士が相合関係になります。

相合は引っ張りあう関係なので、病気になればくっつく、離れない、安定の意味になります。

なので、かかったばかりの病気であれば、自分のそのままくっついてしまうということで、治りずらくなってしまうのです。

反対に長い病気であれば、すでに自分にはくっついているので、病状が安定して治癒に向かう暗示になります。

 

5件のコメント

  1. はじめましてm(__)m
    断易の勉強を始めたばかりで
    とてもわかりやすく
    参考にさせていただいています
    断易は用神の取り方が難しいな…と思います。
    相手との関係性にかかわらず
    メールの返事がくるか?は父母爻が
    用神だとしたら
    デート(その後の…が)出来るか?は子孫になるのか、それともやはり官鬼や妻財になるのでしょうか?
    厚かましくてすいません、大黒天さんならどうされるか、教えていただければありがたいです。

    1. ひよさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      管理人の大黒天です。

      メールが来るか?の用神は父母ですね?
      その後付き合えるどうか?の用神は官鬼、妻財です。

      しかし、同時に複数の用神を見なければいけないので、どうしても矛盾が生じてしまい判断が難しくなってしまいます。
      なので、基本的にはメールがくるか?と付き合えるかどうか?は別々に占ったほうが良いです。

  2. 早速のお返事ありがとうございますm(__)m
    嬉しいです!
    質問の仕方がヘタですいません
    ひとつずつ問いを立てた時の場合でした。
    「メールの返事が来るか?」なら父母爻ですが
    「好きな相手と(単発で)デート出来るか?」と
    「好きな相手と交際関係に発展するか」で用神の取り方は
    変わってくるのか?が疑問でして。
    「パーティや会合」が子孫なら
    デートは子孫?かな、と。
    用神以前に不変卦だったり、六沖卦だとあまり良くないんだろうなあ、と

    思いますが…

    1. ひよさん、管理人の大黒天です。

      なるほど、そういうことだったのですね。

      各問いの用神は、
      メール→父母
      単発でデート→官鬼、妻財
      付き合えるか?→官鬼、妻財

      となります。

      子孫は楽しい、娯楽の意味がありますので、パーティや会合の意味にもとれますが、
      デートの場合は意中の男性や女性が主体となり目的になるので、官鬼、妻財を用神とします。

      不変卦自体はあまり吉凶には関連しません。
      あくまで、用神の強さ、六親の組み合わせ、世爻との関係によります。

      六冲卦はあんまり良くないですが、これもあくまで副次的な意味になります。
      六冲卦だけで判断してはいけません。

  3. 重ねてありがとうございます!
    わかりやすくて、スッキリしました。
    主体、関係性がどこか?なんですね。
    問いの目的は何か?を探ることから
    始まるんですね。
    一冊の本を読み、調べながらやっていますが
    六沖卦や不変卦、卦象の扱いはいろいろあるみたいで
    自分で検証しながら
    やって行きたいと思います。
    64卦の解説は大変かと思いますが
    楽しみにしていますね。

    64卦の解説は

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です