五行易的 ”山天大畜” の見方(64卦シリーズ-51)

前回は外面を磨く意味のある山火賁でした。

内面に自信がない人は、外面を磨いても、本当の自信は得られません。

そんな場合は誰か尊敬する人、こんな人になりたいという人を探してください。

つまりロールモデルを見つけて、考え方、行動規範、趣味嗜好を真似してみるのです。

ただし、100%真似するのは無理です。

限界を感じたら、そんな自分を許して次に行きましょう。

 

 

今回は

 

 

山天大畜(さんてんたいちく)

 

 

です。

 

上半分の外卦は艮(ごん)です。

これは山であり、止るという意味です。

下半分の内卦は乾(けん)です。

これは、玉(ぎょく)です。

意味を組み合わせれば、たくさんの玉が積み重なっている象です。

大蓄の『蓄』の意味が、たくわえることであり、非常に貴重なモノをたくさん溜め込んでいるのです。

 

爻位と六親の組み合わせから見れば、二爻は家の爻位であり、世爻があるということは、自分が家の中で休息している象です。

応爻は五爻にあります。

五爻は道であり、応爻は他所です。

五行が水であり、世爻の木を生じます。

これは、人が道で歩き疲れて、二爻は家であり、家に帰ることを表します。

家は安心して長く滞在できる場所です。

風天小蓄の意味とは違い、大蓄のほうが滞在時間が長いことなのです。

大蓄と小蓄は同様に留まることであり、長く留まるか、短く留まるかの違いなのです。

そういう意味から、大蓄は蓄積、長い時間、動かない、怠ける、貯めるなどの意味があります。

山天大畜は、象意や卦の組み合わせ共に64卦の中でも上位を争うような良い卦です。

仕事運、異性運、金運どれをとっても、運が強い状態を表しやすいです。

ただし、運気的にはこれ以上発展しにくい卦、すなわち頭打ちになりやすいので、運気が下がった時を見据えて準備をしておきましょう。

また、この卦は動爻があると、途端に波乱含みの展開になり、悪い意味が付随しやすくなるので、注意が必要です。

 

 

 

※五行易は月日の十二支からの影響を見て、用神が強いか弱いかで吉凶を判断しますので、下記の説明は鵜呑みにせず、参考程度に留めてください。あくまで、卦自体の象、六親、爻位の関係性から見た仮の吉凶ということです。

 

仕事運 ★★★★ 用神は官鬼

良いです。

世爻は自分で、官鬼は仕事・事業の意味があります。

応爻は他者で、五爻は上司の意味です。

妻財は官鬼の原神であり、五行は水で世爻を生じます。

世爻を五爻が生じるということは、上司からの評価が高い象です。

が、世爻は二爻にあり、家の意味があり、これは安定した仕事の意味で、山天大畜は『長く留まる』の意味がありますから、これからの仕事の発展性を判断すれば、あまり良くありません。

 

異性運

男性の場合 ★★★★ 用神は妻財

良いです。

妻財の五行が水で、世爻の木を生じて、相性が良く、相手から愛されやすいです。

五爻は力が強い爻位であり、応爻は妻の爻位です。

そして、陰爻であり、世爻は陽爻です。

これは、陰陽のバランスが合っているので、良い組み合わせです。

ただし、世爻と応爻のあいだの間爻に兄弟が二つあります。

兄弟の五行は土で、妻財にとって剋する五行で忌神になります。

兄弟は邪魔者の意味であり、三爻、四爻の兄弟が動爻になれば、二人の仲が発展しにくいです。

 

女性の場合 ★★★★★ 用神は官鬼

かなり良いです。

世爻が家の爻位である二爻にあり、用神である官鬼が鎮座しています。

これは家で共に生活を共に過ごすほど深い仲を表します。

世爻が自分だとすると、応爻は相手です。

応爻の水が世爻を生じて、相手は自分のことを愛してくれています。

また、応爻が妻財で五爻にあり、この卦は山天大畜です。

そうすれば、相手はお金を持っている、貯めているということで、経済的に豊かな暗示です。

しかし、男性のところでも説明しましたが、世爻と応爻の間に兄弟が二つあります。

兄弟は嫉妬、ライバルの意味があり、強くて動爻になれば、嫉妬を受けやすく、二人の仲を邪魔をするライバルが多いことを暗示します。

 

金運 ★★★★★ 用神は妻財

かなり良いです。

お金の意味のある妻財が五爻にあり、これは大金を表します。

応爻は他人の意味になるので、商売を占うとお客さんの意味になります。

その応爻が世爻を生じるわけですから、お客さんからたくさんのお金が入ってくる暗示です。

山天大畜は蓄積・溜まるなどの意味がありますから、お金が貯まることであり、金運を占えば非常に良い意味になりやすいです。

ただし、世爻と応爻の間の兄弟が強くて動爻になれば、出費が多くなりやすいので気をつけましょう。

 

学業運 ★★★ 勉強、資格などの用神は父母、試験は官鬼

勉強、資格はあまり良くありません。

用神である父母が二爻に隠れて伏神になっているからです。

しかし、世爻が二爻にあり、二爻は家や室内です。

山天大畜は家で落ち着くの意味がありますから、腰を落ち着けて勉強すれば、ある程度改善する余地はあります。

 

試験運はまあまあです。

世爻に合格の意味のある官鬼があるからです。

ただし、微妙なのは成績の意味のある父母が隠れていることです。

二爻は比較的低い爻位であり、これは普段の成績が、そんなに良くないことを表します。

世爻の官鬼が強ければ、勝負運が強くなりますので、成績がふるわなくても合格できる可能性があります。

 

外出運 ★★★★★ 用神は世爻

良いです。

応爻は目的地であり、世爻を生じる五行である水があります。

これは、出かければその五行から助けを得られることを表しています。

が、世爻が二爻にあり、家のことです。

山天大畜は『動かない』という意味がありますから、家で過ごすほうが快適で、わざわざ出かける気になりにくいかもしれません。

 

創造力・アイデア運 ★ 用神は子孫

悪いです。

世爻に官鬼がある場合は、自動的に子孫が世爻を剋する五行になります。

官鬼は社会的な成功、すなわち自らを社会自体に合わせていく能力です。

この卦は応爻は他人であり、妻財は他人のニーズを察知して適応していく能力です。

これらのことはみな世俗的な運が良い状態にあるということです。

子孫は表現の意味がありますから、世俗的な運が良い状態であれば、自動的に創造性が失われる傾向があります。

 

健康運 用神は世爻

世爻の五行は木です。

世爻を剋する五行は金です。

なので、金は世爻の忌神になります。

忌神は子孫申金であり、伏神で隠れて世爻を直接剋せません。

なので、そんなに健康運は悪くないことを表します。

が、月建か日辰に金が現れれば、世爻が剋されて弱くなります。

子孫は三爻にあり、腰の爻位です。

金は骨を表し、木は神経です。

そうすれば、腰痛が出やすい意味になります。

爻位(こうい)の意味

 

2件のコメント

  1. 質問があります。

    男性の恋愛運の所で「兄弟は邪魔者の意味であり、二爻、三爻の兄弟が動爻になれば、二人の仲が発展しにくいです。」とありますが、三爻、四爻の間違いではありませんか?
    二爻は妻財で世爻になります。

    1. 木村さん、はじめまして。
      管理人の大黒天です。

      記事を確認しましたら、確かに間違いでした。
      ご指摘ありがとうございます。

      早速修正しましたので、ご確認ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です