五行易的 ”巽為風” の見方(64卦シリーズ-33)

前回の沢雷随でやっと64卦シリーズ折り返し地点まで来ました。

五行易を勉強されている皆様には、少しはお役に立てているでしょうか?

 

今回は巽宮グループ最初の卦である

 

 

巽為風(そんいふう)

 

 

です。

 

 

巽(そん)宮最初の卦でありますから、下半分の内卦は巽(そん)と、上半分の外卦は巽(そん)の組み合わせで、六純卦(六冲卦)になります。

巽は風の意味で、陰の性質を持っており、どんな隙間にも入り、形を変えていくことができるので、柔の意味になります。

上と下まったく同じ巽ですから、同じ方向に風が向かうことを示しています。

 

次は六親や爻位から見てみます。

自分を表す世爻は六爻にあり、六爻は天を意味します。

六親では兄弟は風を意味して、木の五行が卯木で、これは陰の木であり風を意味します。

故に巽は風の意味を持つのです。

世爻の木は優しいという意味があり、相手を表す応爻に剋されています(金剋木)。

これは、相手に剋される(攻められる、攻撃)のを、許すということで、柔順という意味になります。

相手の五行は金であり、これは石や金属みたいに固いものを表します。

自分が石のように堅ければ、剋されてかえって傷ついてしまいます。

ですが、剋してくる相手の心も、自分自身が風のように柔軟で優しければ、相手は剋する実体を失い虚をつかれて、いつの間にか相手を癒してしまうのです。

巽為風は、中国古代の兵法書『三略』の中の 柔能く剛を制す の意味に似ているのです。

こういった意味から、速い、軟弱、変化、消滅、虚無、曖昧模糊などの解釈に派生していきます。

上記の説明では、なんだかカッコイイ感じに思えたかもしれませんが、

 

 

この卦が出たときはあんまり運が良くありません(汗)

 

 

なので、この卦が出たときのアドバイスとしては、柔軟な心を持って受けながすという、スルースキルを磨いてください。

 

この卦はいわゆる六冲卦(八純卦)ということで、不安定、闘争、不和、離れるなどの意味があります。

※初爻と四爻、二爻と五爻、三爻と六爻の地支同士が相冲関係になるのを六冲卦といいます。

 

※五行易は月日の十二支からの影響を見て、用神が強いか弱いかで吉凶を判断しますので、下記の説明は鵜呑みにせず、参考程度に留めてください。あくまで、卦自体の象、六親、爻位の関係性から見た仮の吉凶ということです。

 

仕事運 ★ 用神は官鬼

悪いです。

仕事を意味する官鬼酉金が、世爻の卯木を剋しながら、冲するということで、もっとも良くない組み合わせです。

官鬼がある応爻は他人も表しますから、周りに助けを求めても誰も助けてくれません。

二爻の父母が独発すれば、水が金からの剋を解いて良くなる可能性があります。

官鬼は災いや悩みの意味であり、特に転勤や出張を占う場合には良くないです。

 

異性運

男性の場合  用神は妻財

悪いです。

世爻に妻財を剋する五行である木があり、組み合わせが悪いです。

また、相手を意味する応爻に男性を意味する官鬼があり、他人に彼女や妻を奪わやすい暗示です。

また、この卦は六冲卦でもありますので、長く付き合うのが難しくなります。

 

女性の場合  用神は官鬼

悪いです。

彼氏や夫の意味のある官鬼酉金が、世爻を剋しながら冲するということで、もっとも相性が悪い十二支の組み合わせのグループに入ります。

また、官鬼は悩みの意味になり、相手はあなたに悩みや災いをもたらしてくるかもしれません。

 

金運 ★ 用神は妻財

悪いです。

妻財の五行が土で、世爻が木で相剋関係になり、お金が入りにくい状態を表します。

巽為風は風そのものを表しますから、風水的に言えば風は気を散らして、金運に悪い作用をしていまいます。

 

学業運 ★★ 勉強、資格などの用神は父母、試験は官鬼

勉強や資格には、悪くないです。

父母は亥水であり、世爻の木の長生の地であり、世爻を生じます。

巽為風の卦で数少ない良いところになります(汗)

 

試験運は悪いです。

合格の意味のある官鬼の十二支が酉金であり、世爻の卯木を剋しながら冲しています。

応爻は他人の意味であり、これは合格が他人のものになる暗示です。

しかし、二爻の父母亥水が一つだけ発動すれば、合格する可能性があります。

 

外出運 ★ 用神は世爻

悪いです。

目的地である応爻に官鬼酉金があり、世爻を剋しながら冲するからです。

官鬼には災いや悩みの意味があり、出かけてもなんら得るところがありません。

また、六冲卦も外出にはよくありません。

ですが、世爻が強かったり、二爻の亥水が独発(一つだけ動爻になること)すれば、なんとかなります。

 

創造力・アイデア運 ★★★ 用神は子孫

悪くないです。

五爻は爻位の中でも、一番偉く力が強い爻位だからです。

ですが、巽為風は風任せという意味があり、集中力が散漫でアイデアがまとまりにくいです。

なので、なるべくメモ帳などを手元に置き、思いついたことを何でもいいから、書きとめておくことをオススメします。

 

健康運 用神は世爻

世爻に痛みの意味のある木の五行があり、痛みが出る病気になりやすいでしょう。

また、巽の意味ズバリ 風=風邪 にかかる可能性もありますので注意しましょう。

また、三爻に忌神の官鬼があります。

三爻はベッド、寝室の意味があり、睡眠関係も悪くなりやすいです。

ただし、この卦は六冲卦なので、急病や新病の時に出た場合は、治る暗示であり吉になります。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です