強運になるための心得 その8

強運になるための心得 その8

 

 

 

毎日、瞑想を行うべし!

 

 

 

前回は、運気とセルフイメージの関係について書きました。

サイコサイバネティクスの創始者であるマルツ博士は、セルフイメージを変えていく際、最初にリラックスして、なりたい自分をイメージすることを推奨していたと思います。

潜在意識が答えを知っている!  マクスウェル・マルツ

 

実はこの方法は、瞑想しながらイメージをしたほうが効果的なんです。

 

まず、瞑想方法を説明しましょう。

  1. 静かな場所を選び、クッションや座布団を用意する
  2. その上にお尻を乗せて、結跏趺坐か半結跏趺坐で座る(無理な場合はあぐらでも可)
  3. なるべく背筋を伸ばして、アゴを引く
  4. まず、お腹をへこませながら、口からゆっくり息を吐く
  5. 吐ききったら、お腹をふくらませながら、ゆっくり鼻から吸う(同時に数を6数える)
  6. 吸いきったら、お腹をふくらませたまま息を止める(同時に数を8数える)
  7. 口からゆっくり息を吐く(同時に数を8数える)
  8. 5~7の繰り返し
  9. 時間は大体20分~30分ぐらいやればOK

 

呼吸しながら数える数は、吸うときに少し短いなら各自やりやすい数で良いです。

例えば、吸う8、止める10、吐く10とか。

くれぐれも、自分にあった数を設定してください。

長ければいいってものでもないですから。

慣れてくれば、わざわざ数えなくてよくなります。

これはあくまでも目安で、呼吸に集中するために数えるのです。

その際、瞑想音楽を使うのも良いでしょう。

 

個人差はあると思いますが、最初の10分ぐらいは雑念がひっきりなしに出てくると思いますが、ほっとけば次第に少なくなって来ます。

10分過ぎたあたりから雑念が落ちつき深いリラックス状態になってきますので、そこでセルフイメージを高めるイメージをしていきます。

セルフイメージを高めるというと、わかりにくいと思いますが、これは要するにあなたがなりたい理想の自分を想像するのです。

 

あなたが気分が良くなるような都合のいいイメージならなんでも良いわけです。

例えば、コミュニケーションが苦手な人なら、明るく活発な感じで人と接しているとか。

彼氏がいない人なら、もうすでに彼氏と付き合っていて、仲良くデートしている楽しげな自分を想像するとか。

仕事で悩んでいる人は、エネルギッシュに生き生きと仕事をこなしている想像するとか。

まあ、そんな都合のよいイメージが出来ない人もいるでしょう。

その場合は以前幸せと感じた情景でもいいですし、過去の成功体験でもいいでしょう。

 

でも、注意点があります。

他人自体は変えられないので、あくまで自分自身についてのイメージをすることです。

また、具体的な情景をイメージする場合はあまり完全にならないほうが良いです。

80パーセントぐらいが理想ですね。

なぜかというと、あまりにも具体的にイメージしすぎると、結果的に視野が狭くなり偶然の力を利用することができなくなるからです。

陽(吉)は陰(凶)がないと生まれません。

100%具体的なイメージすなわち100%陽であれば、陰陽の考え方に当てはめると、それ以上あなたが発展しなくなり、逆に運が落ちます。

セレンディピティが起きにくくなるということです。

 

それと、イメージするコツがあります。

あなたは夢はもちろん見ますよね?

あなたの夢の見方でイメージの仕方を変えるのです。

もし、あなたが一人称視点(自分の姿が見えない)で夢を見ているなら、瞑想中のイメージもそれと同じにしてください。

三人称視点(自分の姿が見える)であれば、それと同じにしてください。

私の場合は一人称視点なので、瞑想のイメージも一人称視点で行っています。

 

また、呼吸法を行うと深い腹式呼吸になります。

これが、健康面によい効果をもたらします。

なぜかというと、腹部には様々な経絡が通っています。

もちろん、経絡があるということは、ツボも存在しますし、コリも存在します。

腹式呼吸は腹部マッサージも兼ねていますので、それらのツボを刺激したり、コリや経絡の詰まりなどを結果的にほぐすことが出来、血流、気の流れを改善していきます。

他にもいろいろメリットがありますが、人によってメリットの表れ方が違うので、それは実践しながらあなたが効果を確認してください。

 

最初に言いましたが、毎日やるのが重要です。

習慣化しないと、現実に作用する効果が薄まりますので、ぜひ毎日やってください。

そんなに難しく考える必要はなく、瞑想を行って都合のよいイメージをして気持ちよくなればいいのです。

何度か瞑想を繰り返していくと、勝手に脳が勝手に快楽物質を出すようになるので、逆に毎日やらないと落ち着かなくなります。

3件のコメント

  1. 最近、瞑想を復活していますが、その効果をすごく実感しています。
    どれだけいろんなことを考えすぎて、頭でっかちになって、もやもやしているかと。
    まだ呼吸に集中するのが精一杯で、セルフイメージの段階まで行かないのですが、徐々に出来るようにしたいと思います。
    それでひとつ質問なのですが、
    腹式呼吸はわかるのですが、入口・出口でいつも悩みます。
    今は鼻から吸って、口で吐くようにしているのですが、鼻→鼻、鼻→口、口→鼻、口→口、入口・出口はどちらからでもいいのでしょうか?

  2. アドバイスありがとうございます!
    医者に言わせると「口呼吸していいことはない(睡眠時?)」と言われているらしいので、
    ちょっと気になっていました。
    今日も瞑想で頭脳明晰、気分もかなりいいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です