五行易的 ”雷水解” の見方(64卦シリーズ-27)

前回は、心が通じ合って非常に嬉しく楽しい状態を表していた雷地豫でした。

だけれども、楽しい状態も五行的には一時的な状態に過ぎず、結局は流れ去ってしまうという儚さを感じてしまうのは私だけでしょうか?

 

今回は

 

 

雷水解(らいすいかい)

 

 

です。

上半分の外卦は震(しん)です。

震の意味は動くことであり、ここでは走る意味になります。

下半分の内卦は坎(かん)です。

坎は水で、危険の意味があります。

そうすれば、自ら外に出て危険な所へ赴くことで、これは困難な状況を表しています。

が、内卦は坎(困難)であり、外卦は震(進む)で、困難な事はもう過ぎ去りつつあります。

よって、その困難な状況から脱すること、すなわち解の意味になるのです。

 

爻位と六親の象から見れば、自分を表す世爻は二爻にあります。

二爻は家の爻位であり、自分は家の中に居ます。

世爻に十二支の辰土があります。

辰は水、土の墓になります。

世爻の五行は土です。

そうすれば、世爻にある辰は、同時に土の墓でもあるので、自らを墓に入れてしまうことになります。

これは、自分自身で自らを縛っているような状況を表します。

しかし、世爻は相手を表す応爻を生じています。

応爻は五爻にあり、五爻は非常に偉い爻位であり、官鬼は功名の意味があります。

二爻(内側)から五爻(外側)を生じて家から出ることを表します。

つまり、自ら束縛を脱し、尊い位を目指し、自らの努力で名を成すということで、故に解なのです。

他の意味として、解放、解脱、解放、解散、発展、向上、離脱、などがあります。

 

わかりやすく言えば、ジョゼフ・キャンベルの言う「ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅):」ということです。

現在あなたが悩んでいたり、困難に直面していれば、それらから解放されることを意味するので、悪くない卦になります。

 

 

 

※五行易は月日の十二支からの影響を見て、用神が強いか弱いかで吉凶を判断しますので、下記の説明は鵜呑みにせず、参考程度に留めてください。あくまで、卦自体の象、六親、爻位の関係性から見た仮の吉凶ということです。

 

仕事運 ★★★ 用神は官鬼

まあまあです。

官鬼が五爻にあり、これは尊敬される爻位であり、上司、社長の意味があります。

世爻の五行が土で、官鬼の五行が金で相生関係(土生金)になり、尊敬できる目上の人がいる暗示があります。

が、世爻の原神である子孫午火が官鬼を剋して(火剋金)、内心では下克上を起こしたいという思いがあり、これは表面上では尊敬しているように見せかけているのです。

また、自分が出世を目指すのであれば、世爻と応爻の間に官鬼を剋する五行である子孫午火が二つあります。

これは、自分の出世に反対する人たちの意味であり、何かと邪魔が入りやすくなってきます。

 

異性運

男性の場合 ★★★★ 用神は妻財

悪くないです。

世爻(自分)に妻財があり、二爻は家の爻位であり、これは自分の家に女性がいる暗示です。

世爻にあるので、非常に気に入っているか、彼女、妻がいる可能性が高いです。

世爻も応爻と相生関係(土生金)で、相性も良くなりやすいです。

 

女性の場合 ★★★ 用神は官鬼

まあまあです。

五爻の官鬼を世爻が生じて、非常に相手を気に入っている暗示です。

が、世爻と応爻の間に、官鬼を剋す(火剋金)子孫午火が二つあります。

これは、自分と相手の間に邪魔者が存在するということです。

それを乗り越えるには、自分で積極的に相手に愛情を注ぎ続けることです。

 

金運 ★★★★ 用神は妻財

悪くないです。

これは、お金の意味のある妻財が世爻にあり、二爻は家の意味で、家に財産を持っていることを表します。

妻財を強める五行である子孫午火(火生土)も二つあり、世爻の近くで生じて、良い組み合わせでしょう。

 

学業運 ★★ 勉強、資格などの用神は父母、試験は官鬼

学業、資格面では悪い組み合わせです。

用神である父母子水が伏神で隠れている為であり、その上世爻の五行が土であり、水の五行を剋してしまいます。

これは、自分が勉強したくないという意味や、勉強しても頭に入ってこないという意味になります。

試験面ですが、これもあまり良くないです。

五爻に官鬼があるということは、自分の今のレベルより、高望みしているという暗示です。

しかも、他人、ライバルの意味のある応爻に合格の意味のある官鬼があり、これも不利な暗示となります。

 

外出運 ★★★ 用神は世爻

悪くないです。

世爻が自分で、応爻が目的地です。

その間は道中の意味になります。

応爻の五行は金で、道中は火の五行で、これは道中は楽しく、目的地はあまり楽しくないという暗示になります。

 

創造力・アイデア運 ★★★★★ 用神は子孫

かなり良いです。

子孫は午火であり、世爻を生じる五行であり、その上両現(再現)して強くなります。

実際ほっといても、直感力が強くなり、アイデアが次々に湧き上がってきます。

この卦がでたら、子孫は官鬼(悩み)を剋する五行で、他人は応爻で、人の悩みを解くこともできます。

世爻に妻財があることから、積極的に他人に奉仕すれば、後々利益となって自分に帰ってくるでしょう。

 

 

健康運 用神は世爻

世爻は二爻にあります。

二爻は脚、股、腰の意味があり、辰土は水、土の墓です。

これは、水がコントロール(墓)されているという意味で、泌尿器系の意味になります。

よって世爻が弱ければ、泌尿器系や腰などに不調が出やすくなります。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です