マインドフルネスはどんな効果があるのか?

マインドフルネス・・

いろんなメディアで取り上げられたり、本もたくさん出版されて話題沸騰中ですね。

 

私も前から気にはなっていました。

が、変なプライドが邪魔して体験するのを躊躇していたのです(恥)

 

私は日本の代表的な瞑想家である山田孝男師に瞑想を習ったことがあります。

瞑想家山田孝男の本ではじめてカバラ数秘術を知った話

基本的に私は ”何でもマイノリティ(少数派)を好む” というやっかいな習性を持っています。

何か新しいことを習ったりするときは、メジャーなものには行かず、どうしても一般には知られていないものに行きがちなのですね。

まあ、要するにただの天邪鬼ということですが(汗)

 

まさに、山田孝男師は精神世界では知る人ぞ知る瞑想家であり、私の好みにピッタリでした。

そんな私の性質から、名うての大企業にも取り入れられているマインドフルネスなんぞは、「ふっ、お洒落な名前つけやがって、どうせ瞑想を西洋風にアレンジした程度なんだろうよ」という酷い偏見にとらわれて、まったく食指が動かなかったのです。

 

ですが、なんとなく以前から気になっていることもあり(隣の芝生は青く見える)、「本当に効果がるのだろうか?あるとしたらどんな効果があるのか?」と思いました。

私の中にくすぶっていたマインドフルネス問題に決着をつけるべく、お得意の五行易で占ってみたのです。

それがこの卦です↓

卦を見た瞬間、私は驚愕しました。

 

 

何だこれ・・メチャクチャ効果あるじゃん・・(冷や汗)

 

 

占う前は「そこそこの効果だろ」と高をくくっていたのですが、正直ここまでの効果があるとは思っていませんでした。

 

それでは、実際に卦の分析をしながら、その理由を説明していきます。

まず、効果があるかどうか?の確認なので、どこを中心に見ていくかをハッキリさせます。

今回は問いの範囲が、個人的に効果を判断するだけではなく、私を含めた人類全体という大きい範囲が含まれていますから、世爻(せこう)を用神とします。

 

世爻には子孫申金があります。

子孫の意味は、楽しい、健康、娯楽の意味があります。

次に月日の五行からの影響を見ていきます。

月日は土になり、子孫の五行は金で相生関係になり、土は金を生み出す状態に例えられて、非常に強いですね。

出典:wikipedia

ここだけを見ても、人類の健康を促進させたり、楽な状態にさせる効果があるとわかります。

次は原神(げんしん)である兄弟未土を見ていきます。

原神は用神(この場合は世爻)を助ける五行であるので、月日と同じ土の五行であり、非常に強いので、これも良いです。

原神は、精神、魂、意識などの意味がありますから、マインドフルネスを行えば精神状態を強くする効果もあることがわかります。

 

もう一つ特徴があります。

兄弟未土は、日の丑土がら冲されています。

出典:wikipedia

この図から見ると、赤の点線の 相冲(そうちゅう)関係 ですね。

丑と未は陰の十二支になります。

これは磁石のN極、S極と同じでマイナス(陰)同士が反発する作用と似ています。

互いに対立する関係ということですね。

例えば、上の図で子と午を見てもらえばわかりますが、これは陽同士の十二支になるので、相冲関係になるということです。

話を戻します。

兄弟未土には動爻がなく、動きがありません。

これは爻が動かないことで、静爻 といいます。

ですが、日の丑土が兄弟未土を相冲すると、兄弟未土が刺激されて動けるようになり、他の爻に対して影響力を持つようになります。

 

この働きを 暗動(あんどう) といいます。

表面上には現れない暗中(隠れた)動きですが、しかし他の爻には確実に影響を及ぼします。

まあ、卦のフィクサー(黒幕)的存在とでもいいましょうか。

 

未土は五行の十二運で言えば木の墓であり、この卦の中で木の五行は官鬼に配当されています。

下の図は五行の十二運です。

五行を人に例えたら、十二運は人の一生の流れということになります。

木の五行の縦のラインを見てもらえばわかりますが、木が未の地支に出会うと、墓の地に入ってしまうということです。

墓は読んで字のごとく、埋没、埋める、コントロールなどの意味を持ち、木の五行を弱くして動きを止める効果があります。

ここでの官鬼卯木はどういう意味を持つかということですが、これは

 

雑念です。

 

原神は精神、心の意味がありますから、心(思考)で発生する雑念をコントロールするということです。

また、官鬼には悩み、病気、災いの意味がありますから、官鬼をコントロールしつつ、世爻を生じて強めるということで、悩み、病気、災いを減らしつつ健康運を上げることができるのです。

 

ということで、マインドフルネスを実践することは、特に心身両面の健康面に非常に有益とわかりました。

 

・・・しかし、この世の様々な事象にはコインの裏表があるのですよ。

マインドフルネスの良いところだけを紹介して来ましたが、当然 デメリット もあります。

気功などの修練は運が上がるのか?

↑の記事で書きましたが、マインドフルネスと気功などの修練の効果は似ています。

なので、今回の結果でも、残念ながら・・・

 

金運と仕事運を上げる効果はありません。

 

ですが、副次的な効果はあると思います。

たとえば、マインドフルネスを使って、仕事のストレスを減らしたり、家庭でのストレスを減らしたり(笑)しますよね?

そうすれば精神面、健康面も良くなってくるでしょう。

いろいろなことにやる気が出てきますし、活動的にもなり、間接的に金運、仕事運を上げていくことは出来ると思います。

 

まあ、マインドフルネスにはまり過ぎないこと が効果的に使っていく鍵となるでしょうね。

もともと、マインドフルネスは 悟る為の方法 が元になっていることを忘れなければ良いのです。

要はバランスが大事ということです。

 

 

続く・・

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です