破天荒ナスDの黒さの行方を占う

久々にTVを観て大爆笑しました。

それは前回紹介した

 

出典:TV-asahi

の番組を観たからです。

 

ナスD というのは、部族アースで全身真っ黒になってしまった友寄ディレクターのことです。

ペルーのアマゾンに住む部族である シピボ族 の取材を行った際、刺青などで使われる果物(ウィト)の汁を塗りたくったために、真っ黒になってしまったのですが、

私はシピボ族と聞いて、ふと アヤワスカ を思い浮かべました。

 

以前、アマゾンの秘薬アヤワスカに関することをブログに書きましたが、

アマゾンの呪術師  パブロ・アマリンゴ

この番組に出ていたシピボ族はシャーマンがアヤワスカを使うことで有名なのです。

※私がアヤワスカを飲んだのは約18年前で、それ以来は一度も飲んでいません

 

番組では、ナスDがシピボ族の重要な収入源である民芸品の布を購入しますが、

私は布に描いている幾何学的な装飾模様が大好きなのです。

なぜかというと、あの装飾模様は

 

 

アヤワスカを飲むと見えるのですよ。

 

 

私の以前の経験から言えば、

アヤワスカを飲んで、変性意識状態になると、体の表面に幾何学的な模様が浮かんできます。

青、赤、緑、黒の半透明の線がキラキラと点滅する感じで、幾何学模様を形作りながら、流れるように見えるのです。

そのヴィジョンが非常に美しくて、それ以来忘れられません。

上記で紹介した アマゾンの呪術師 の本にもその幾何学模様はカラー印刷で載ってますので、知りたい方は読んでみてください。

 

話を ナスD に戻します。

真っ黒になってしまったナスDですが、その様子があまりにもおもしろすぎたので、勢いで占いました。

問いは「ナスDは真っ黒の状態から元の状態に戻るか?」です。

それが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この卦になります。

まず今回はまったくの他人のことを占いますので、応(爻)を中心(用神)に判断していきます。

応爻は他所や他人の意味がありますので。

 

よって、応爻が ナスD のことになり、そこには子孫午火があります。

次は月日の十二支からの影響を見ていきます。

月は午火で子孫午火と同じ五行になりますので、五行が同じであれば、月から助けを得て強くなりますので、吉となります。

しかし、日は未土になり、子孫午火と 相合(そうごう)関係となりますので、午火が日に引っ張れて邪魔されて少し不利な状態です。

出典:wikipedia

ピンクの線が十二支の相合関係になります。例えば、子と丑、亥と寅・・などです。

 

次は卦自体を見ていきましょう。

初爻(一番下)の妻財未土が発動(爻が変化すること)して、応爻と相合しました。

妻財未土は月とまったく同じ十二支で、応爻に対して不利な影響を与えていますので、ここが原因でナスDは真っ黒になってしまったのでしょう。

 

上記の卦には書いてはないですが、妻財未土の横に六神(六獣ともいう)である 玄武(げんぶ) があります。

六神のことは↓の記事に詳しく書いています。

青竜と痛みと快楽(六神)①

 

玄武の意味は、こっそり、隠れた、盗難、騙す、ずるい、賢い、汚い、湿気、邪気 と以前に説明しました。

八卦や十二支と同じく、六神にも 五行 があります。

  • 青竜→木
  • 朱雀→火
  • 勾陳→土
  • とう蛇→土
  • 白虎→金
  • 玄武→水

 

玄武は の五行になりますので、色に直せば

 

 

黒(笑)

 

 

になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻財は食べ物の意味がありますので、それに加えて玄武の意味も組み合わせて解釈すると、黒くなる食べ物(ウィトの実)がキッカケとなって、ナスDの肌が黒くなってしまったことを表します。

ちなみに応爻がナスDだとすると、世爻は逆に他人の意味になり、その果物を勧めたシピボ族の女性になります。

妻財は女性の意味もありますし、妻財未土の存在する内卦は八卦である になり 坤(こん)になります。

 

出典:wikipedia

坤は母、歳をとった女性の意味がありますので、それがナスDを表す子孫午火と相合して、不利な要素とも解釈できます。

要するに、ウィトの実を美容にいいと勧めてきたのは、シピボ族のお母さんですから、そのお母さんが原因で肌が黒くなってしまったということです。

また、相合の意味は引っ張り合う、くっつくの意味がありますので、染料の付着で黒くなりました。

日の未土と初爻の妻財未土の ダブルの相合 により、ナスDに付着した染料はなかなか取れづらいことを表しています。

 

卦の詳しい説明はこれくらいにして、次はナスDの吉凶を見ていきます。

ナスDである子孫午火は月と同じ五行なので、基本的に強くて吉である程度はもとに戻ることを示しています。

また、二爻(下から二番目)に、子孫午火と同じ五行の子孫巳火が発動しています。

ここでは、同じ五行なのでナスDとして見てもかまいません。

子孫巳火は発動して強くなり、吉の要素を強めています。

しかし、先ほど説明した ダブルの相合 により、染料が取れるのは時間がかかります。

 

よって私の予想としては、

ナスDの肌の色は、除々に黒色が薄くなってきて、数ヶ月後には元の肌の色に近いところまでは戻りそうですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です