五行易的 ”水雷屯” の見方(64卦シリーズ-43)

前回の水澤節は、節約、節制の意味であり、 これは目的達成のためには、やることを決めるのではなく、あえてやらないことを決めることです。

やらないことを決めるということは、結果的に重要なことの注力するようになるのです。

 

今回は

 

 

水雷屯(すいらいちゅん)

 

 

です。

この卦は四大難卦(水雷屯、坎為水水山蹇澤水困)の一つです。

卦自体の組み合わせから見ると、上半分の外卦は坎(かん)です。

坎は水であり、危険を意味します。

下半分の内卦は震(しん)です。

震は雷であり、動き自体(運動)を意味します。

外卦は坎で危険、内卦が動となれば、動くことで危険になるということになります。

ということは、自らは動かず守りに徹することが良いのです。

屯(とん)は駐屯の屯であり、これは軍隊が留まることを意味しています。

 

爻位や六親の組み合わせから見てみると、世爻に子孫があります。

子孫は兵士を意味します。

二爻は家、住所で、兵士の意味と合わせると、駐屯です。

そうすれば、応爻は敵であり、五爻にあるので強大な敵です。

世爻の木は応爻の土を剋しています。

自分の陣地に城や砦をつくり、それを拠点にして強大な敵に攻撃するのです。

爻位で見れば、二爻は五爻より下です。

これは、相手より自分の方が兵力が劣っているという意味です。

敵に方が強いので、攻撃は慎重に行わなければなりません。

一歩一歩地道に足場を固めて、一気に攻撃をしないことが大事です。

これができなければ、一旦行動を止めることになり、敵を攻略出来ず大損害を受けるでしょう。

故にこの卦は留まる、不動、苦難、守備、粘り、勢いにまかせないなどの意味があります。

なので、水雷屯が出た場合は、とにかく我慢して、少しづつ粘り強く行動することが大事です。

勢いで動いてしまうと、危険に自ら飛び込むことになってしまい、失敗する可能性が高くなってしまいます。

 

 

※五行易は月日の十二支からの影響を見て、用神が強いか弱いかで吉凶を判断しますので、下記の説明は鵜呑みにせず、参考程度に留めてください。あくまで、卦自体の象、六親、爻位の関係性から見た仮の吉凶ということです。

 

仕事運 ★ 用神は官鬼

悪いです。

用神である官鬼は応爻にあります。

五爻は上司や社長の意味があり、応爻は相手の意味を持ちます。

世爻の地支は寅木であり、これは陽の地支で虎のような激しい性質を持ちます。

世爻の寅木が、応爻の戌土を剋しています。

そうすれば、上司や社長などに対して自分が反感を持ちやすいことでもあり、非常に相性が良くありません。

水雷屯の意味と組み合わせると、仲間と結託して、上司を追い落とそうとする象になります。

原神の妻財が陰爻に伏神で隠れていることから、自分より少し先輩の女性に上司に間に入ってもらえれば上司との関係が改善する余地があります。

 

異性運

男性の場合  用神は妻財

悪いです。

妻財午火が官鬼辰土に伏神で隠れており、官鬼は男性の意味であり、これは相手が他の男性と深い仲にある暗示です。

そして、応爻にも官鬼があり戌土で、これは十二運で言えば火の墓です。

妻財を墓に入れるということですから、相手の女性の他の男性が奪うことになるのです。

 

女性の場合  用神は官鬼

悪いです。

世爻に官鬼を剋する五行である木があります。

なので、非常に相手の男性を自分から責めるという暗示があり、相性が良くありません。

三爻の官鬼は妻財が隠れており、他の女性を親密な関係になりやすい組み合わせでもあります。

応爻は相手の意味があり、五爻にあり、尊大の意味で、相手は社会的な地位が高いか、オレ様気質のところがあります。

 

 

金運 ★★ 用神は妻財

あまり良くないです。

世爻の五行が木で妻財を生じて、お金がもっと欲しいですが、肝心の妻財が隠れており、なかなか思ったように金運が上がりません。

応爻は他所、相手の意味があり、五爻が妻財の墓です。

動爻になれば、他人にお金、財産を持っていかれる暗示であり、特に六獣である玄武があると、盗難に注意する必要があります。

 

 

学業運 ★ 勉強、資格などの用神は父母、試験は官鬼

勉強、資格運は悪いです。

世爻に子孫があり、これは快楽、遊ぶの意味があり、勉強に集中できません。

用神の父母申金に世爻の子孫寅木は剋されて、相冲関係です。

これはかなり悪い組み合わせになり、あまり期待できません。

 

試験運も悪いです。

合格の意味のある官鬼の土を、世爻の木が剋してしまい、自分で自分の首を絞める暗示になります。

成績の意味のある父母とも相剋、相冲関係ですから、肝心なところでのケアレスミスが多いのです。

よって、これもあまり期待できません。

 

外出運 ★★★ 用神は世爻

まあまあです。

世爻に楽しい意味のある子孫がありますので、基本的には有意義な外出です。

しかし、目的地の意味のある応爻には、災いの意味のある官鬼がありますから、凶の要素が含まれています。

また、妻財は財布や貴重品を意味して、官鬼に伏神として隠れますから、盗難や紛失に注意です。

世爻が弱ければ、なるべく外出はしないほうが良いです。

占いと引き寄せの珍道中⑦(思い出した水雷屯)

 

 

創造力・アイデア運 ★★★★ 用神は子孫

良いです。

世爻に子孫があり、今のあなたはアイデアや創造力を発揮しやすいでしょう。

応爻は五爻で、これは社会的に地位のある人、社会的なステータスを表します。

それを世爻の木が剋するわけですから、あなたがそれらの常識に対して反抗心を燃やすことがキッカケとなり、新たなものが生み出しやすくなります。

また、子孫は座禅や瞑想などの各種スピリチュアルを表します。

二爻は家を表しますから、屋内で座禅や瞑想などに関連すること行えば、非常に効果が実感できやすいでしょう。

 

健康運 用神は世爻

世爻に健康、安全の意味のある子孫があり、世爻が強ければおおむね問題が無いです。

ただし、官鬼が二つあり、強かったり動爻になったりすれば、世爻の原神である兄弟子水を剋して精神的重圧がかかりやすい暗示になり、ストレス系の病気にかかりやすくなります。

官鬼辰土が泌尿器系、官鬼戌土が心臓、血管系の意味がありますから、それに関連する不調にも注意です。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です