五行易的 ”水火既済” の見方(64卦シリーズ-44)

前回の水雷屯でやっと四大難卦が終わりました。

周易では、もちろん良くない意味ですが、五行易的に見てもあまり良くない意味が多かったですね・・(汗)

しかし、占う内容によっても、解釈の仕方が変わってきますから、四大難卦だからって杓子定規に凶と決め付けるのは外れる要因になりますので、注意したいですね。

 

今回は

 

 

水火既済(すいかきせい)

 

 

です。

『既済』は物事がすでに終わった、すでに済んだことの意味で、いわゆる『完成』です。

下半分の内卦が火の五行(離)で上半分の外卦(坎)が水の五行です。

火は炎上する性質であり、この場合は火の上にある冷えた水を温めています。

水は上にあり、水は潤下(下に流れる性質)で、下にある火を剋して火が強くなりすぎないようにコントロールしています。

水と火が互いにコントロールしあって、なおかつ互いの不足を補ってバランスの良い関係であり、ある意味これ以上発展しない形、すなわち既済(完成)となります。

 

六親と爻位から見れば、自分を表す世爻と相手を表す応爻が同じ五行です。

六親が共に兄弟でこれは朋友を意味します。

同じ水の五行で、これは価値観や体験を共有していることです。

普段は牽制しあっている仲であっても、良いことがあれば共に喜び、悪いことがあれば共に悲しむことです。

故に仲の良い兄弟のようです。

なので、友人関係などを占えば非常に良い組み合わせです。

そういうことから、水火既済は完成、共同、和合、補い合う、助ける、平穏などの意味が派生します。

 

 

※五行易は月日の十二支からの影響を見て、用神が強いか弱いかで吉凶を判断しますので、下記の説明は鵜呑みにせず、参考程度に留めてください。あくまで、卦自体の象、六親、爻位の関係性から見た仮の吉凶ということです。

 

仕事運 ★ 用神は官鬼

悪いです。

これまで、64卦の説明を読んできた方には解ると思いますが、世爻に兄弟がある場合は大体良くないです。

世爻に兄弟がある場合は、官鬼は必然的に兄弟を剋するものになります。

仕事運で本人が一番満足出来ないのは、他人にコントロールされることです。

この場合は官鬼が土で世爻が水で、剋されています。

特に五爻に官鬼戌土がありますから、上司との関係はあまり良くなく、相手が良く思ってないか、仕事の内容が自分にとって辛い暗示があります。

 

 

異性運

男性の場合 ★★ 用神は妻財

あまり良くありません。

世爻に妻財が隠れて、親しい関係の女性がいる暗示ですが、世爻が水で妻財を剋してしまいます。

これは、あなたが相手に潜在的不満がある組み合わせです。

しかし、相手の意味のある応爻には兄弟があります。

世爻と同じ五行であり、これは価値観が似ているという暗示です。

なので、共通の趣味などがあれば、仲が深まるキッカケがあるかもしれません。

 

 

女性の場合  用神は官鬼

悪いです。

官鬼は二爻と五爻にあり、共に世爻の水を剋しています。

これは、相剋関係であり、相性が良くありません。

ただし、相手と友人関係であれば問題ないです。

世爻と応爻は同じ五行であり、同じ価値観を有していることであり、友人関係としては良いです。

水火既済は『完成→それ以上発展しない』ことを表しますから、なかなか深い仲になれない卦でもあります。

相手と付き合いたくなったり、恋人になろうとすれば、兄弟から官鬼の六親に用神が変わりうまくいかなくなるのです。

 

 

金運 ★★ 用神は妻財

あまり良くないです。

世爻に妻財が隠れて、お金はある程度入ってきますが、世爻の五行が水であり、火の五行を剋して、十二運が絶でお金があっただけ使い尽くしてしまうのです。

水火既済は友人関係の意味を持ちますから、友人と付き合えば付き合うほど金運が悪くなります。

なので、付き合う友人を取捨、選択して見直したほうが良いかもしれません。

 

 

学業運 ★★★ 勉強、資格などの用神は父母、試験は官鬼

勉強、資格は良いです。

父母が申金で、世爻が亥水で、父母が亥水を生じて良い組み合わせです。

一つ上の爻位にあるので、自分にとって少しレベルの高い資格や勉強なのですが、少しレベルが高いということは、背伸びすれば届くということで、モチベーションが上がります。

 

試験運は悪いです。

官鬼はもともと名前、名が売れる、などの意味があります。

そうすると、試験は名前の順番で合格出来るかどうかを決定していくので、官鬼が用神となるのです。

父母が世爻が生じて、普段の勉強や成績が良いのですが、官鬼が世爻を剋して相剋関係になってしまい、ここ一番でのミスが出やすいのです。

 

 

外出運 ★★★ 用神は世爻

世爻は自分で、応爻は目的地です。

世爻と応爻が同じ五行で、出かけると世爻を強めますので、そんなに悪い組み合わせではありません。

友人との外出は吉で、彼氏、彼女との外出は凶になります。

二爻や五爻に災いや悩みの意味のある官鬼があります。

官鬼が強くて二爻が動爻になれば、家のことや自分の都合で出かけられなくなる暗示です。

五爻が動爻になれば、外卦は外の意味で、世爻と応爻に間にあり、五爻は交通の爻位で、目的地に向かう途中か、家に帰る途中に災いや悩みが出やすくなるので、要注意です。

 

 

創造力・アイデア運 ★★★ 用神は子孫

悪くないです。

子孫が木で、世爻が水であり、これは自分がアイデア、創造力を発揮したいという欲求を表します。

しかし、初爻は始めの爻位であり、まだ初期の段階であり、自分でうまく育てなければなりません。

応爻にも兄弟があり、水で子孫を強めます。

これは友人の意味ですから、友人との交流をキッカケにして発展していく暗示なので、積極的に友人と交流していきましょう。

 

 

健康運 用神は世爻

世爻は腰の爻位である三爻にあります。

五行は水であり、生命力や活力を表して、具体的に言えば腎臓関係です。

なので、世爻が弱ければ腰痛が出やすくなります。

また、世爻の十二支は亥水で、時間に直せば夜の時間帯を表します。

三爻は寝室やベッドの爻位ですから、世爻が弱ければ睡眠関係での不調が出やすくなります。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です