五行易的 ”坎為水” の見方(64卦シリーズ-41)

風が止まり、湿気が多く、日当たりも悪い場所に菌が繁殖する・・・・・そうです、前回の山風蠱はキノコも表してしたのです。

見た目も可愛いモノから怪しいモノまであったり・・幻覚を見たりする毒性の高いモノから貴重でうまいモノもありますし・・・マリオもキノコを食べるとスーパーマリオになったり・・・あ、別に任天堂信者ではありませんけど・・

 

 

・・・ということで、

 

 

今回は坎宮グループ最初の卦である

 

 

坎為水(かんいすい)

 

 

です。

 

この卦は四大難卦(水雷屯、坎為水、水山蹇澤水困)の一つです。

基本的に周易的に見ても五行易的に見てもあまりよくありません。

坎(かん)自体に水、窪み、陥る、危険などの意味があるからです。

 

下半分の内卦と上半分の外卦は坎です。

水は下に向かう性質があり、水流は低い窪みに流れようとし、水の上に水が重なるということで、水が多ければ洪水になり、河は昔から人々が集い文明が栄える場所でしたから、さもありなんです。

ただ、水は人間の生活にはなくてはならないものであり、不安定で非常に危険だがうまく治めることができれば、非常に有用になります。

古代中国の禹は治水事業で民衆の支持を集め、伝説の夏(か)王朝を建てたと言われてますし。

 

六親や爻位から見れば、自分を表す世爻は六爻にあります。

六爻は一番上の爻位であり、水の五行があります。

水は知恵の意味もあるので、これは非常に頭が良いということです。

世爻の十二支は子水で、相手を意味する応爻は午火です。

世爻の子水が応爻の午火を剋しながら冲して、これは相手と和睦できないことを意味します。

自分が頭が良くても緩慢さがあり、うまく知恵を使うことができない象なのです。

相手と和睦できなければ、結果的に相手を怒らせてしまうことになり、新たな火種を作ることにもなりかねません。

以上のようなことから、危険、苦境、動揺、罠にはまる、緩慢、流されやすい、策士策に溺れるなどの意味も含んでいます。

そういうことで、坎為水にはろくな意味がないですが、緩慢にならず知恵をうまく使うことが改善の鍵になります。

 

この卦はいわゆる六冲卦(八純卦)ということで、不安定、闘争、不和、離れるなどの意味があります。

※初爻と四爻、二爻と五爻、三爻と六爻の地支同士が相冲関係になるのを六冲卦といいます。

 

※五行易は月日の十二支からの影響を見て、用神が強いか弱いかで吉凶を判断しますので、下記の説明は鵜呑みにせず、参考程度に留めてください。あくまで、卦自体の象、六親、爻位の関係性から見た仮の吉凶ということです。

 

仕事運 ★ 用神は官鬼

悪いです。

官鬼の五行は土で、世爻は水で剋されています。

これは、仕事がキツイ暗示であり、世爻のある六爻は退職の爻位であり、非常に悪い組み合わせです。

五爻は上司の爻位であり、官鬼戌土の剋されて、上司に嫌われているか、評価されていないことになります。

また、この卦は六冲卦であり、仲が悪い、不安定、長続きしないという意味があり良くありません。

 

異性運

男性の場合  用神は妻財

悪いです。

応爻は相手の意味があり、妻財午火があり、相冲と相剋が同時に起こり、六冲卦で非常に仲の悪い暗示になります。

六爻は去るという意味があり、妻財を剋して、これは自分から相手のことがイヤになり離れる暗示があります。

 

女性の場合  用神は官鬼

悪いです。

官鬼の土から世爻が剋されて、世爻が弱くなりやすいです。

官鬼は災いなどの意味があり、相手と付き合うと結果的に運が悪くなる暗示です。

応爻に妻財午火があり、妻財は女性の意味で、応爻は他人です。

そうすれば、相手は他の女性と結婚しているか、付き合っている暗示になります。

 

金運 ★ 用神は妻財

悪いです。

世爻に妻財の忌神である兄弟があるからです。

世爻に兄弟があれば、お金を散財してしまったり、縁が無いことを暗示します。

兄弟の水が、妻財の火を消してしまうのです。

坎為水は水であり、六冲卦で流動性が高い意味で金運が安定しません。

 

学業運 ★★ 勉強、資格などの用神は父母、試験は官鬼

勉強、資格系の運はそこそこです。

父母が用神になりますから、父母の五行は金です。

世爻の水を生じて、十二運で長生になり、世爻を強めます。

数少ない坎為水の良いところなので、謙虚に勉強をして知識を蓄え、知恵に昇華し、将来に備えましょう。

 

試験運は悪いです。

合格、名前順の意味のある官鬼が土で世爻を剋してしまうからです。

官鬼が五爻にあるのは、志が高くて良いことですが、高すぎて自分の実力に一致していません。

入試の場合は、一旦希望校を見直すことも大事です。

 

外出運 ★★ 用神は世爻

あまり良くないです。

特に災いの意味のある官鬼が発動したり、世爻が動爻になるのは良くありません。

世爻が強ければ大きな問題ないですが、この卦は六冲卦なので、不順が起きやすく、迷ったりして不安定な外出になります。

また、世爻が兄弟ということで、お金を多く使ってしまう暗示もあります。

 

創造力・アイデア運 ★★ 用神は子孫

あまり良くないです。

用神である子孫寅木は初爻にありますが、世爻は六爻ということで、非常に距離が遠いです。

これは、アイデアが浮かびにくい、創造性を発揮できる場所がないことを暗示しています。

どちらかというと、アウトプットではなくインプットに重きを置くべき時期です。

インプットがなければ、アウトプットもうまく出来ないからです。

 

健康運 用神は世爻

世爻が強ければ問題ないですが、坎為水は非常に変わりやすいという意味がありますから、体調、精神状態ともに不安定になりやすいです。

かかったばかりの病気を占えば、六冲卦なので、病気が離れるという意味になり良いことです。

しかし、長い間患っている病気を占えば、悪化しやすい暗示になるので、体調管理に気をつけましょう。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です