自己啓発本疲れのあなた!本当の自己啓発本の使い方を教えましょうか?

自己啓発本のことを聞かれたら、「スキデスヨ・・・」と片言で答える占い師の大黒天です。

 

自己啓発本・・・

 

この言葉に対してみなさんはいろいろな感想をお持ちではないでしょうか?

 

私はなんというか・・非常に甘美でくすぐったい印象を持ちますね・・

 

自己啓発本を読んだときは自分が変わった気がしたけど、すぐにもとに戻ってしまったと感じているかたが多いと思います。

 

無理もありません。

 

本当の自己啓発本の使い方を知らなかったのですから。

 

 

重要なのは、量(回数)です。

 

 

例えば、ある自己啓発本を読み、あなたはその本に感激して自分が変わったように感じます。

が、その効果は長続きせず、もとの状態に戻り、やっぱり効果はなかったんだと実感します。

これが基本的な流れだと思います。

 

だとすると、効果が無くなる前に間髪入れず、次の自己啓発本を読んだとしたらどうでしょう。

再び、あなたは自己啓発本に感激し、その本の効果が持続します。

それを繰り返せば、繰り返すほど効果は長続きしますよね。

 

 

え? 何いってんの?と思われたでしょうね。

 

 

そんなに本を買い続けることなんて出来ないこともわかります。

 

それでも読み続けることが大事なのです。

 

何故でしょう?

 

読み続けることで、気分が良いままで自己啓発本の共通点がわかって来るようになるのです。

 

共通点がわかるようになるということは、ルールを発見したことになります。

 

 

そうすると、応用が効くようになります。

 

 

別に、常に新しい自己啓発本を読めといっているわけではありませんよ。

 

次々に読んでいく中で、あなたが特に感動した自己啓発本が必ず出てくるはずです。

 

それらの本を選び出して、また繰り返し読んでいけばいいのです。

 

そうしていくことで、自己啓発本があなたの血肉になっていきます。

 

自分の中でその考え方が定着していくのです。

 

これは、経済用語でよく使うレバレッジ(てこ)と同じことです。

 

レバレッジの意味は、経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めることとなっています。

 

 

他人資本→自己啓発本、自己資本→自分、利益率→自分の価値ということです。

 

 

つまり、自己啓発本(他人資本)を使い自分(自己資本)の価値(利益率)を高めていくことが出来るということです。

※やっぱり、ちょっと強引だったかなー(汗)

 

これは、自己啓発本に限ったことではありません。

使える知識を学んでいくために重要なことです。

とりあえず、回数をこなすことに重点を置くようにしてください。

 

繰り返し本を読み続けていけばどうなるでしょうか?たぶん、あなたは我慢できずに行動するようになると思います。

 

もう、読む前の自分とはあきらかに違ってきています。

 

行動をするようになれば、フィードバックが経験できるので、使えるもの、使えないものを取捨選択でき、考え方が洗練されていきます。

 

そうなっていけば、さらに自分の価値をさらに高めていくことが出来るのです。

 

「重要なのは、時間より回数ですね」 横尾忠則

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です