五行易的 ”山澤損” の見方(64卦シリーズ-52)

いやぁ、前回の山天大畜は良い卦でしたね。

仕事運、金運、異性運、どれをとっても良い組み合わせだし・・

動爻が無ければ、家でくつろいでいる意味もあるから、安定度抜群だし・・

でも、何か物足りなんだよなぁ・・・・

あ、わかった!!

刺激がないんだな、この卦。

 

 

・・今回は

 

 

山澤損(さんたくそん)

 

 

 

です。

上半分の外卦は艮(ごん)です。

艮は蓄積、止まるの意味があります。

下半分の内卦は兌(だ)です。

兌は器が欠けた形です。

意味を組み合わせると、それまで蓄積したものが、欠けたところから漏れる象ということで、損失の意味があります。

しかし、艮は止まるの意味があり、損失を止める意味になり、これは修復の意味です。

損をするから、結果的に原因が特定でき、改善することができます。

故に損失は利益に変化するということです。

 

爻位や六親の構造から見てみると、兄弟が世爻にあります。

兄弟の五行は土であり、お金の意味がある妻財の水を剋して弱めます。

これは散財や損失を表し、良くない組み合わせです。

しかし、妻財が尊位である五爻にあります。

五爻は大金という意味があります。

世爻の十二支は丑土で、妻財の十二支は子水で相合関係になります。

つまり、世爻が兄弟で妻財を剋して、最初は損失を出すが、大金なので致命的な損ではなく、相合は自分のところに引っ張ってくる意味であり、最終的には大きな利益を得られるのです。

故に、この卦は災い転じて福となす、人生万事塞翁が馬、損失、意外な利益、ミスをすればその分賢くなる、寄付などの意味があります。

 

億万長者が口を揃えて言うことがあります。

『お金を増やしたかったら、定期的に寄付をしろ』ということです。

何故そうするかの明確な理由はわかってないそうですが、五行易的にはあります。

妻財は官鬼を生じる五行です。

妻財が強くなれば、官鬼も強くなります。

官鬼は災いの意味があり、定期的にお金を使えば、妻財の力が減ることになり、官鬼が弱まります。

そうすることで、お金が増えすぎることによる災いを億万長者は減らしているのです。

 

 

 

※五行易は月日の十二支からの影響を見て、用神が強いか弱いかで吉凶を判断しますので、下記の説明は鵜呑みにせず、参考程度に留めてください。あくまで、卦自体の象、六親、爻位の関係性から見た仮の吉凶ということです。

 

仕事運 ★★ 用神は官鬼

あまり良くないです。

官鬼の五行は木であり、世爻は土であり、剋されるほど辛い仕事という意味になります。

でも、土は木を育てる土台となるものであり、正しく剋されれば、根を張ることができ、立派な木として育ちます。

山澤損の意味から、現在はなかなか辛い状況でしょうが、その経験もきっと将来役に立つことでしょう。

 

異性運

男性の場合 ★★ 用神は妻財

あまり良くないです。

妻財は子水であり、世爻は丑土で相剋関係で不利です。

しかし、相合関係で相手にどうしようもなく引かれてしまう暗示です。

また、これは相手にアタックする意味にもなります。

ですが、仮に成功して付き合えたとしても、相剋関係なので長く付き合うことが出来ません。

 

女性の場合 ★★ 用神は官鬼

あまり良くないです。

官鬼の五行は木であり、世爻の土を剋します。

応爻は彼氏や夫の爻位であり、ここに官鬼があるのは良いことです。

しかし、やはり官鬼に剋されるということで、彼氏や夫がいれば、相手と疎遠になる組み合わせです。

意中の人を占えば、相手にその気がありません。

 

金運 ★★★ 用神は妻財

まあまあです。

世爻は土で、妻財は水を剋する五行であり、これは散財、出費を意味します。

しかし、上記でも説明しましたが、兄弟丑土が妻財子水と相合して、まるで『損して得取れ』状態です。

山澤損の意味から、金運を上げるためには、寄付が有効です。

また、出費してお金を得るということで、投資関連も向いているでしょう。

 

学業運 ★★★ 勉強、資格などの用神は父母、試験は官鬼

勉強、資格運は良いです。

初爻に勉強、資格の意味のある父母巳火があり、世爻の土を生じています。

初爻は始まりの爻位であり、レベルで言えば基礎です。

なので、あまり難解な応用的な勉強をするのではなく、基礎的な勉強を反復して行いましょう。

 

試験運は残念ながら悪いです。

名前順の意味のある官鬼の五行が木であり、世爻を剋するためです。

山澤損の意味と組み合わせれば、本番の試験ではケアレスミスが多いでしょう。

しかし、官鬼が強くて、初爻の父母が強くて発動すれば、木→火→土(連続相生・化殺)の流れになり、合格が手元に転がり込んできます。

 

外出運 ★ 用神は世爻

悪いです。

世爻が土の五行で、目的地の意味のある応爻が木で、これは目的地から剋されることであり、良くない組み合わせです。

例え、世爻が強かったとしても、不順であまり楽しくない外出になります。

 

創造力・アイデア運 ★★ 用神は子孫

あまり良くないです。

子孫申金は世爻に隠れて伏神になり、これは手元に隠している意味です。

しかし、世爻が丑土で、五爻は重要な爻位であり、妻財子水と相合しています。

相合には執着の意味があり、大金がほしいという気持ちが強くて、アイデアが浮かびにくい暗示です。

 

健康運 用神は世爻

世爻が三爻で胃の爻位であり、土の五行も胃の意味があります。

五爻は五官の爻位で、妻財があれば飲食関係です。

世爻の丑土と五爻の子水が相合して、これは食事をする暗示です。

そうすれば、胃や飲食関係の病気にかかりやすくなります。

 

爻位(こうい)の意味

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です