国家資格試験に合格するか?

最近は趣味で中学英語を復習していますので、頭の中がゴチャゴチャです。
なので、ブログに何を書いて良いかわからなくなってきましたが、そういう時は占例を書くに限ります。

アウトプットすると頭がスッキリするからです。

 

ある女性は国家資格の試験を受ける予定です。

「試験に合格するか?」と占い、巽為風から風天小畜に変わる卦を得ました。

 

試験ですから、官鬼(順番・名前)と父母(成績・試験)を用神とします。

世爻は空亡です。

空亡ということは、自信が無いことや不安を表します。

官鬼酉金は月から生じられて、日から剋されて強さ的には一対一です。

そうすれば、初爻の独発した妻財丑土が原神です。

官鬼酉金を生じて、強くなって合格します・・

 

・・と判断すれば外れます。

 

まず、官鬼が応爻にあります。

応爻は他者であり、試験などの勝負事の占いでは、ライバルの意味が強くなります。

応爻に官鬼がありますから、合格がライバルの手に渡るということです。

でも、これは学校に入学する試験ではなく、資格試験です。

この国家資格の場合には、基準の点数より上という合格基準があります。

点数や成績は父母が表すので、ここでは父母の方が優先になります。

※入学試験の場合には、合格者の人数が決まっているので、順位の意味のある官鬼が最優先です。

 

父母で見れば、父母亥水は月から剋されています。

そして、初爻の妻財丑土は忌神になり、発動して父母を剋してもっと弱めます。

通常は動爻が変爻と相合すれば、変爻から動爻が引っ張られますので、動爻の動きが止まります。

しかし、日は午火であり、変爻の子水を冲して、丑土との相合が解かれて、父母を剋することができます。

世爻も空亡で実力が足らないです。

以上のことから、成績(点数)が悪いことになり、合格できません。

 

結果:

不合格でした。

 

この例のように、入学試験(合格者数が決まっている)か資格試験(点数・成績が基準)かをしっかり占者が理解していないと、外れやすくなるので注意が必要です。

また、父母には証明書の意味がありますので、父母が強ければ資格の証明書を取れる、持てるという意味にもなります。

※この考え方は重要です。「学校を卒業できるか?」などの問いの場合には、父母(卒業証書・成績)の強さが重要になってきます・・

 

・・

 

・・

 

あーあ、また有料レベルの説明をしちゃったよ・・

 

普通、無料でここまで書かないからね?・・

 

無料でなんでも身に付けようという人がいるけど、絶対限界がくるよ・・

 

なぜなら、妻財はお金で、父母(勉強、学習)の忌神だよ・・

 

お金を使えば、妻財が弱くなるよね?・・

 

妻財が弱くなると、父母が強くなるからだよ・・

 

覚えといて・・

 

・・あと、子供の教育に悩んでいる人がいたら、NETFLIX の 『クリエイティブ・ブレイン』を絶対見たほうがいい。

 

学校の勉強をただやればいいってもんじゃないよ・・

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です