学んで学んで学んで一生幸せになる!①

占い師こと運命改善師の大黒天です。

 

占いを始めたら、一生学ばざるをえないと以前の記事で言いましたが、これはすべてのことに対して言えることです。

 

まわりの人を見渡してください。

いきいきと積極的で好奇心にあふれ幸せそうな人は、常に学んでいく意欲があり、新鮮さを持った人だと思います。

反対に消極的で不幸そうな人は、学ぶのをやめてしまいマンネリ化している状態だと思います。

マンネリ化とは思考が固定され、新鮮さが失われた状態をいいます。

 

実際に試験や資格をとる為に学んでいることだけではなく、仕事や他人や環境、映画、本、音楽(自分以外の何か)などから学ぶことも含まれます。

 

勉強が苦手な人でも、まわりから様々なことを経験として学んでいる人はたくさんいます。

 

 

 

学ぶとは、一生進化していく(変わり続ける) ということです。

 

 

 

今までの自分とは違う新しい自分になるということです。

 

以前、この世は陰から陽へ進化し続けていると書きました。

 

これは、この世界の普遍的な法則ということです。人はこの世界と共に進化していくために生まれてきたのです。

 

進化とは常に新しい状態になっていくということです。学ぶことをやめた人たちは、法則に則していないので不幸になっていきます。

 

引き寄せ的にいえば常に拡大、成長をうながす内なる存在の意向とと調和していない状態になります。

この世界に生きるからには幸福になりたいですよね?

 

ずっと学ぶことがあれば、一生進化するのと同じで、一生幸福でいられます。

が、一つだけ条件があります。

 

 

それは、アウトプットです。

 

 

自分で実践したり、他人に教えたり、記事にしたりして学んだことを外に出していくことです。

アウトプットしないと、本当の意味で自分の血肉になっていきません。

あなたのとって本当に役に立つものにはなっていかないでしょう。

 

なぜ学ぶだけではダメなのでしょうか?

 

 

それは、アウトプットしてみないと実際に役に立つかどうかわからないからです。

 

 

アウトプットすると何かしらフィードバックがありますよね?

 

フィードバックがあれば自分の経験として残ります。

そこで役に立つかどうか取捨選択できるのです。

また、そのフィードバックをもとにもっとより良いものに変化していくことができます。

 

実践をしないと学んだことが頭の中で使えないものとして判断され、そのままの状態で忘れ去られていきます。

そうすると学んだことはまったくの無駄になります。それじゃあ何の意味もありません。

 

 

いいですか?フィードバックも学びなんですよ。

 

 

学びが学びを生む状態になって、ずっと幸福でいられるじゃないですか。

 

 

えっと、収拾が付かなくなってきたので次回に続きます・・・

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です