オーディオに凝ったら結果的に風水が良くなったお話

以前オーディオ地獄にはまったことのある占い師の大黒天です。

オーディオは一般的に、金が掛かる、はまると抜け出せなくなる、などの悪いイメージがあると思います。

 

私がオーディオ地獄にはまった経験からの正直な感想ですけど・・

 

 

そのイメージはほぼ合ってますね(笑)。

 

 

PCオーディオ、ポータブルオーディオ、Bluetooth系のワイヤレスオーディオが今のオーディオ界の主流だと思います。

 

私は最初にPCオーディオにはまったんですね。

 

なぜはまったかというと、以前の記事でクラシック音楽評論家の許光俊が出てきましたね。

 

あの人のせいでクラシックを聴くようになりました。

 

そうすると、必然的にいい音で聴きたくなってきたんです。

 

知ってる方はいると思いますが、PCってノイズの塊なわけですよ。

 

なので、いかにそのノイズを減らして、音源そのものの純粋な音質にしていくかが、PCオーディオの重要なところになります。

 

私のPCはデスクトップだったので、電源ケーブルやタップを買ったりして、ノイズが減って音質が良くなる度に一喜一憂していたわけです。

 

もちろん、その途中でスピーカー買ったり、アンプ買ったり、DAC買ったり、ケーブル買ったり、インシュレーター買ったり、していたわけです。

 

でも、「これは切りが無い」と思い始めてきました。

 

そうすると、根源的な問題にぶち当たります。

 

 

電気の問題です。

 

 

電気自体がノイズの原因なわけですから、「ノイズの発生源をなんとかしないと」と考えて、いろいろネットを調べました。

 

すると、アースが重要だとの情報を見つけました(アースの意味はググってくださいね)。

 

そこで、自宅にオーディオ用のアース工事をしてくれる業者をさがしました。

 

すると、オーディオ用のアース工事を請け負っている出水電器に行き着いたわけです。

 

以前、タモリ倶楽部にも出ていた業者ですね。

 

オーディオ初心者には、敷居が高いサイトだったので、頼むのはどうか迷っていたのですが、とりあえず五行易で占ってみました。

 

すると・・・

 

 

音質が良くなるだけではなく、風水も良くなるとの結果が!

 

 

その結果に気を良くした私は、出水電気に連絡しました。

 

「アース工事だけであれば、予算は10万円前後でいけるのではないか」との返答だったので、依頼したのです。

 

アース工事当日、なんと出水電気の社長自ら出向いてくれて、社長とスタッフの二人で家の庭にアース棒を8本打ち込んでくれて、サービスで壁コンセントも交換してくれました。

 

代金は12万円ぐらいだったと思います。

 

社長は気のいい普通のおじさんみたいな感じでしたが、眼光の鋭さが印象に残りました。

 

もちろん、アース工事をしたことによって音質は良くなり満足していますが、ついでに風水も良くなるとは思ってもいなかったのです。

 

それでは、私なりになぜ風水が良くなるかを考察します。

 

電柱からの電線を通って電気が家に引き込まれていますね?

 

アースがないと電気の出口がないということになります。

 

生物でいうと、食事を食べっぱなしで排泄をしない状態です。

 

生活水だと、水道があり、下水道がありますね?

 

でも電気には下水道にあたる場所が無いのです。

 

風水の考え方だと家も生きているので、電気を入れっぱなしでは家の健康に悪いということですね。

 

もちろん、その家の住人にも悪影響があるわけです。

 

なので、風水の面からいうとアースはあった方が良いという結論になるのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です