雪占い再び(2018.2.1~2)

明けましておめでとうございます。

2月4日は立春で占い的には年が明けましたね。

2018年もよろしくお願いいたします。

 

先週の2月1日~2日は関東に雪が降りましたね。

前に大雪の卦をアップした思うのですが、今回も雪が降るかを五行易で占ってみました。

 

それが、この卦です↓

癸丑 ( 土 ) 月 辛酉 ( 金 ) 日 空亡 - 子丑

     父母戌土 ○ 世     兄弟酉金 螣蛇
     兄弟申金 ○       子孫亥水 勾陳
     官鬼午火 ○       父母丑土 朱雀
     父母辰土 ○ 応 回頭生 官鬼午火 青竜
     妻財寅木 ’            玄武
     子孫子水 ○       妻財寅木 白虎

乾宮     乾為天(けんいてん) 地水師(ちすいし)

うーむ、かなり派手な卦ですね。

五つの爻が発動して、二爻の妻財寅木だけ静かで動いていません。

今回は非常に面白い卦になりますので、説明していきます。

 

わざわざ「2月1日〜2日に雪が降るか?」と占ったので、『雨・雪』の意味がある父母を用神とします。

卦を見ると、父母は二つあり再現しています。

世爻と応爻の父母の五行は土で、月建と同じ五行で共に動爻であり、力があります。

原神の官鬼午火も発動して、『寅・午・戌』の火の三合局を形成して、父母を生じて雪は降ります。

官鬼は午火から丑土に変わり、空亡に変わっています。

2月1日は甲子旬に入り、子と丑の空亡が明けます。

そうすれば、官鬼午火は父母を生じる事が出来るようになり、雪が降るということです。

 

この卦の面白いところは、初爻の子孫子水も『申・子・辰』の水の三合局を形成しているということです。

火の三合局と水の三合局の帝旺である午火と子水が相冲します。

 

相冲は闘争の意味があり、これは火と水の戦いです。

 

では、火と水の五行はどちらが強いでしょうか?

 

もちろん、水ですね。

 

水は火を剋して、相冲関係で午火の力を散らして弱めます。

 

そうすれば、前回の大雪ほどの雪は降らないことになります。

 

 

子孫は初爻にあります。

初爻は地面の爻位です。

子孫の五行は水であり、これは流動性のある液体を表します。

雪は積もれば、流動性がなくなります。

なので、今回は雪があまり積もらずに、水に変わるということです。

 

また、六冲卦は『 バラバラ・不安定・散らす』という意味もあり、これも雪が積もりにくいことを表しています。

逆に六合卦であれば、『動かない・接着・重なる』の意味がありますので、雪が積もりやすいことになります。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です