五行易的 ”風地観” の見方(64卦シリーズ⑤)

前回はあんまりかんばしくない意味の天地否(てんちひ)でしたね。

今回の64卦は

 

 

風地観(ふうちかん)

 

 

ですが、この卦はそんなに悪くないので心配しないでください。

最近、マインドフルネス(ヴィパッサナー瞑想)にハマっている私としては、少し親近感のある卦になります。

なぜかというと、観は観察の観であり、観察の意味は「事物の現象を自然の状態のまま客観的に見ること」です。

ヴィパッサナー自体の意味が「洞察」の意味がありますから、まず客観的に物事の事象を見ないと、「洞察」の意味にもあるように物事の本質が見通すことができません。

 

これらの与太話を頭の片隅にでも置いてもらいつつ、風地観の五行易的見方を説明していきましょう。

 

上半分の外卦は巽(そん)で風の意味があります。

下半分の内卦は坤(こん)であり、大地の意味があります。

意味を組み合わせると、風が大地を吹き抜けていくことであり、様々な土地を訪れて、その土地土地の様々な事象を観察していくことです。

六親五類、爻位などから見ると、自分自身を表す世爻に父母があります。

父母は知識や情報などの意味があります。

五爻(下から五番目)に原神である官鬼巳火があります。

卦全体を人体に例えてみると、五爻は顔の爻位であり、そこに火の五行があるということで目の意味になります。

世爻(父母)が官鬼巳火から生じられる(相生関係)ということで、様々な事象を目で観察して知識や情報を得ていく意味になり、仏教的に言うと、色(しき)になります。

基本的にはそんなに悪い卦ではなく、要するに「良く見聞を広め、周りを観察して落ち着いてチャンスを待て」というメッセージがこめられています。

 

 

※五行易は月日の十二支からの影響を見て、用神が強いか弱いかで吉凶を判断しますので、下記の説明は鵜呑みにせず、参考程度に留めてください。あくまで、卦自体の象、六親、爻位の関係性から見た仮の吉凶ということです。

 

仕事運 ★★★★★ 用神は官鬼

仕事運は官鬼を見ますが、官鬼の五行が火で世爻を生じて良いです。

特に官鬼は社長、上司の意味がありますし、五爻も社長や官職のある人の爻位ですから、そこから生じられて相生関係になるということは、社長や上司に非常に気に入られているか、助けてくれる意味を持ち非常に良いです。

官鬼の五行は火で内卦、外卦にあり、世爻(自分)の土の五行を生じて強くすることも出来るし、応爻(相手)の五行も生じて強くすることもできるので、万事仕事がスムーズに運ぶ可能性が高いです。

 

異性運

男性の場合 ★★★★ 用神は妻財

世爻、応爻がまったく同じ十二支で価値観が良く合います。

ですが、世爻と応爻が同じ十二支であるということは、気持ちが動かないという意味になり、発展性がありませんので、自ら相手に対して積極的に動く必要があります。

女性の場合 ★★★★ 用神は官鬼

二爻と五爻に官鬼が二つあり再現しています。

官鬼の五行は火で共に世爻を生じて相生関係になり良いです。

しかし、官鬼が再現するということは男性が二人(複数)表れることでもあり、迷いが出やすくなります。

また、応爻は他人の意味もありますので、二爻の官鬼が応爻を生じて相生関係なので、相手が浮気してしまう暗示でもあります。

 

金運 ★★★★ 用神は妻財

特に風水を占った場合は、世爻が月破や空亡ではなく、妻財が強ければ吉になります。

何故なら、この卦は世爻の十二支が未土であり、十二運で言えば木の五行の墓になります。

※木の縦ラインと未の横ラインの交差するところを見てください

墓にはゲットする、溜め込むなどの意味がありますから、木の五行である妻財卯木を入墓させて、お金を手に入れることになり吉になります。

また、世爻(自分)と応爻(他人)がまったく同じ十二支であるということは、未土が金庫(妻財の墓)だとすると、自分の金庫も他人の金庫も自由に出入りできることになり、他人からもお金を集めることができるのです。

ただそうなると、いろいろ他人と関わることも多くなってきますから、人間関係でトラブルを抱えやすい暗示があります。

 

学業運 ★★★★★ 勉強、資格などの用神は父母、試験は官鬼

資格、セミナーなどの学習運はこの卦が出ると、勉強自体のモチベーションが上がっていることもあり、大変はかどりますので、ガンガン勉強してください。

合格の意味のある官鬼が五爻にあり、火の五行でもあり世爻を生じて相生関係になり、これは良い組み合わせで吉になります。

しかし、五爻の官鬼のみ発動すると一転凶になります。

 

創造力・アイデア運 ★ 用神は子孫

風地観は『ただ観続ける』という意味があり、あまり創造性の発揮できる余地はありません。

これは、爻位や五行の関係性でもわかります。

用神である子孫の五行は水で、初爻に隠れて伏神です。

飛神である父母の五行は土であり、初爻は地面、地下の意味があり、土そのものでもあります。

これは、土に隠れた水ということで、深い地下にある水脈みたいなものであり、すぐ地上には出てこれないのです。

 

外出運 ★★★

世爻は四爻で目的地の応爻は初爻にあります。

世爻応爻共にまったく同じ十二支であり、これは目的地に無事に移動することでもあります。

世爻が強くて、忌神である三爻の妻財卯木が発動していなければ、特に問題がないでしょう。

なので、外出運は悪くありませんが、世爻が強いにも関わらず、官鬼が一つだけ発動した場合はトラブルがある暗示で、気をつけた方が良いでしょう。

 

健康運 

三爻に忌神である妻財卯木があります。

三爻は寝室やベッドの意味があり、そこから剋されているということは、ベッドから不利な影響を受ける意味になり、睡眠系に問題が出やすいです。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です