十二支シリーズ 『丑』の章

前回は『子』の十二支でした。

関係なさそうで関係ある話ですが、最近 iPad Pro 10.5 を買いました。

なぜ買ったかといえば、Apple Pencil の動画を見たら、どうしてもほしくなり、勢いで 買ってしま・・

 

ウソです。

ちゃんと五行易で占って良かったから買いました(汗)

それで、試しに今回の十二支シリーズから、Apple Pencil ➕iPad Pro 10.5 を使って、アイキャッチ画像を描きはじめました。

↑の画像がそうです。

あ、ブログもほぼ iPad Pro 10.5 で書いてますけどね。

 

 

 

今回は

 

 

丑(うし)

 

 

です。

 

丑の五行はもちろん『』で、『』の十二支になります。

 

相冲は『』の十二支で、相合は『』です。

 

 

三合(会)局は『巳酉丑』です。

※例えば仕事運などでは、酉がメインになりますので、官職が高いとか、リーダー的な役割になり、巳と丑がそれをサポートするような職(副職)などの意味になります。他の三合局も同じです。

 

時間で表すと、丑刻つまり『夜中の1時〜3時の間』です。

※良く丑三つ刻とか言いますよね。

 

丑月は『1月』です。

※何のために言っておくと、もちろん西暦の1月です。

 

方角は『東北』です。

※丑寅の方角はいわゆる鬼門ですが、五行易にはあまり関係ないので、気にしないようにしましょう。ある一説によれば、丑と寅が年の切り替わりの時期ですから、前年の邪気を新年に持ち込まない為に払う→もしも、邪気を新年に持ち込んじゃったらどうしよう→怖い→忌み嫌うものに変わったのではないか?ということでした(超意訳)

ちなみに漫画の『うしおととら』は名作ですね。

獣の槍はカッコいいです。

うしおととら(1) (少年サンデーコミックス)

 

季節は『』です。

※冬に対応する方局は『亥子丑』になります。いかにも寒そうな十二支が揃ってますね。

 

八卦に対応させれば、『』です。

 

動物は『牛・蟹・亀』などです。

 

具体的な自然現象・場所・物で表すと、『湿地帯・凍土・畑・金庫・土器・水瓶』などの意味になります。

※なぜ、金庫かというと、丑は十二運で表せば、金の墓庫だからです。

イメージを膨らませれば、鉱石が眠っている場所→鉱山とかの意味にもなります。

水瓶は丑土と子水が相合するからです。

 

色は『黄色』です。

 

形は『四角・平面・可塑性がある物』を表します。

 

数字で表すと『10』です。

 

人体では、『胃袋・脾臓・腹・腰・肝臓・足・脛』などを表します。

 

人物では、『丑年生まれの人』です。

※この説明は変かもしれませんが、五行易的には生まれ年の十二支が持つ意味は、非常に重要な情報になります。

場合によって、自分と相性が良い・悪い、良い運をもらえる・悪い運をもらってしまうなどの判断できる時があるので、注意が必要です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です