十二支シリーズ『卯』の章

前回は『寅』でした。

私は寅年生まれで空亡なので、故郷と実家とは縁がありません。

て言うか上京してから、実家は無くなっちゃいましたけどね(笑)

あ、悲惨な話ではありませんよ。

両親はまだ故郷で健在ですから。

 

今回は

 

 

『卯』

 

 

です。

 

 

 

卯の五行は『』で、『』の十二支になります。

 

相冲は『』の十二支で、相合は『』です。

 

三合(会)局は『亥卯未』です。

※三合局で中心になるのは、いわゆる四方(東西南北)です。

四方が純粋な五行を持っているという考え方だからです。

十二運から見てもそうです。

木の帝旺は卯の十二支ですね。

また、季節でも春の五行は木ですが、木が一番旺盛になり強くなるのが、卯月だということです。

三支揃って三合局が成立すれば、この場合は木局になりますが、亥と未は木の五行にトランスフォーメーションします。

「そんなにコロコロ変わるわけないじゃん」という方もいらっしゃいますが、五行や十二支は目に見えないので、何とも言えません(汗)

私の五行易からの経験から言えば、木の五行(他の三合局も)に変化することはするのですが、元の性質は残したまま変わるような気がしています。

まあ、でも卦がフランクに表現するときもあるので、理論の整合性にこだわり過ぎると外れます。

だって、これ卜占ですよ。

 

時間で表すと、卯刻つまり『朝の5時〜7時の間』です。

 

卯月は『3月』です。

 

方角は『』です。

 

季節は『』です。

※春に対応する方局は『寅卯辰』になります。つまり、2、3、4月です。

 

八卦に対応させれば、『』です。

 

動物は『ウサギ・狐・ハリネズミ・鶴』などです。

 

具体的な自然現象・場所・物で表すと、『草木・竹・森・木製品』などの意味になります。

 

色は『青・緑』です。

 

形は『細長い・棒状・円形』を表します。

 

数字で表すと『8』です。

 

人体では、『腰・肝臓・胆嚢・髪・大腸・直腸・歯』などを表します。

 

人物では、『卯年生まれの人』です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です