十二支シリーズ『申』の章

前回は『未』でした。

なぜ、十二支を個別にいちいちブログで説明していくような、しち面倒くさいことをするかといえば、五行易には無くてはならない中心の言語だからであり、一つ一つの十二支を良く理解していなければ、具体的な物や事象に変換出来ないので、運の改善がピンポイントで出来なくなるからです。

例えば、未の場合は午と相合関係ですね。

未は午が月破で傷ついている場合に良く改善で使います。

未の相合で月破の傷を治して、土は水を剋するので、水の五行から午を守る作用があるのです。

 

 

 

今回は

 

 

 

『申』

 

 

 

です。

 

申の五行は『』で、『』の十二支になります。

 

相冲は『』の十二支で、相合は『』です。

※相合する相手に対して剋する十二支は、丑・巳・卯です。

なので、子・申・戌に対しては、基本的には弱めつつ邪魔をする作用があります。

 

三合(会)局は『申子辰』です。

 

時間で表すと、申刻つまり『15時〜17時の間』です。

 

申月はおおよそ『8月』です。

 

方角は『南西』です。

※正確にいえば、南西西です。

 

季節は『』です。

※秋に対応する方局は『申酉戌』になります。

 

八卦に対応させれば『』です。

 

動物は『』などです。

 

具体的な自然現象・場所・物で表すと、『石・金属・鉄・車・骨・刃物・釘・道路・岩場・稲光り・音』などの意味になります。

 

色は『』です。

 

形は『尖形・半円形』を表します。

 

数字で表すと『4』です。

※金の五行数は4と9です。申が陽の十二支で9になりそうですが、申は4、酉は9を表します。

 

人体では、『骨・歯・脊椎・呼吸器系・消化器系・耳』などを表します。

 

人物では、『申年生まれの人』です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です