十二支シリーズ『未』の章

前回は、『午』の十二支でした。

午は同じ火の五行である巳に比べて、わかりやすいです。

金の五行が強くても、午火が単独で動爻になれば、そのまま金を剋して、凶になりやすいです。

巳火は金の長生(良い意味)の十二運なので、矛盾が生じて吉凶の判断が難しくなります。

また、土が弱くて午火が単独で動爻になれば、そのまま土を生じるということで、吉になります。

巳火は土の絶(悪い意味)の十二運なので、矛盾が生じて吉凶の判断が難しくなります。

 

 

今回は

 

 

『未』

 

 

です。

 

未の五行は『』で、『』の十二支になります。

 

相冲は『』の十二支で、相合は『』です。

 

三合(会)局は『亥卯未』です。

 

時間で表すと、未刻つまり『13時〜15時の間』です。

 

未月はおおよそ『7月』です。

 

方角は『南西』です。

※正確にいえば、南南西です。

夏に対応する方局は『巳午未』になります。正確にいえば『晩夏』です。

 

八卦に対応させれば『』です。

※坤の意味は大地であり母です。

十二支は申と未です。

申は水・土の長生であり、長生は産む・育むという意味があります。

未は木の墓であり、植物がたくさん生えている場所のことです。

なんとなく、大地っぽいイメージが湧きますね。

五行十二運について

 

 

動物は『羊・鷹・雁』などです。

 

具体的な自然現象・場所・物で表すと、『桑の木・枯れた木・盃・果樹園・芝生・盆栽・医薬・衣服』などの意味になります。

※植物系の意味が多いですが、これは五行の木の墓だからです。

 

色は『黄色』です。

 

形は『四角い・平面・可塑性がある物』を表します。

 

数字で表すと『10』です。

※土の五行数は5と10です。

5は奇数なので、陽です。

10は偶数なので、陰です。

 

人体では、『胃袋・脾臓・小腸・手・肩・腕・乳房』などを表します。

 

人物では、『未年生まれの人』です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です