ベタだけど明治神宮に行ってきたよ

令和になったことだし、とりあえず都内屈指のパワースポットの明治神宮にお参りにいってきました。

 

その理由としては、第一に出かける日の方角が『金函玉鏡』で見て良く、第二に五行易で外出運を占っても良かったからです。

で、卦がこれですね。

火雷噬嗑の動爻なしです。

外出運は世爻が用神ですね。

月日が火ですから、世爻の土をダブルで生じて五爻にあり非常に強いです。

土が三爻にもあり再現していますので、太過になる可能性もありますが、原神の子孫巳火は卦に1つしかなく、応爻は忌神になって、逆に世爻を弱めますので太過にはなりません。

あと、もちろん運を良くするために行くので、妻財には金運の意味があり、しかも世爻にありますので、行けば私の金運と健康運に良い影響があるからです。

とはいっても、応爻は外出先で忌神で空亡になり、仇神の父母子水も日に冲されて暗動して、少し不順があるかもしれません。

当日は駐車場で前の車で満車になって隣の駐車場に移動を余儀なくされたり、明治神宮の本殿が工事中で白い幕で隠されていましたが、参拝自体には何の問題もなくスムーズな外出でした。

 

 

もちろん『清正井』にも行ってきました。

 

 

来年、明治神宮鎮座百年ということで、募金もしてきました。

1000円以上募金したらコレを頂けて名前の記帳もできます。

 

 

ついでに国立新美術館で開催されている

ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道』にも行ってきました。

 

もともと、私はオスカー・ココシュカエゴン・シーレなどの画家の退廃的な雰囲気が好きだったからです。

実際、ココシュカやシーレの絵はそんなに展示されていませんでしたが、近代ウィーンの文化に流れが一覧出来る作りになっており、グラフィック、建築、家具、工芸品もたくさん展示されており、非常に見応えのある展覧会でした。

あとは、私の好きな作曲家のシューベルトの眼鏡(本物)があって感激しました。

8月5日まで開催されているみたいなので、興味のある方はぜひ行ってみてはどうでしょうか。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です