自分の陰を笑え(唯運論2)

唯運論の2回目です。

前回はコチラ↓

唯運論(1)

 

みなさん、GWはいかがお過ごしでしょうか?

私はあまり関係ないので、いつもより混んでいると感じる程度ですが。

 

ところで、五行易で外出運を占った場合に悪い卦が出たらどうします?

私はキッパリと出かけません。

何故なら、どうせろくな事無いからです。

でも、どうしても出かけなければならない場合には、覚悟を決めて外出します。

 

世爻が弱ければ、同じ五行や原神の五行と色の服や下着をつけて出かけるのです。

何故なら、服や下着は六親に直せば父母であり、自分(我・兄弟)を生じる五行だからですね。

例えば、世爻が土の五行で弱かったとしましょう。

同じ五行は土で黄色です。

生じる五行は火で赤色です。

初爻から六爻は人体に対応していますから、それに合わせてどの場所の服の色を変えるか決めます。

世爻が初爻にある場合、初爻は足の意味がありますから、黄色の靴下などです。

また、原神が四爻か五爻にあれば、赤いTシャツなどを来ます。

ちなみに、私は大体の五行色の下着や服は揃えています。

 

まあ、それでも運が悪い事には変わりが無いので、不順や悪いことが起きやすいです。

悪い出来事が起きた場合、私は『悪い運を済ませた』と思って、面白おかしく『笑う』ことにしています。

 

これは、占いの経験が無いとなかなか実感出来ません。

五行易は大まかにしか、運の量を表現しません。

大きな災難も小さな災難も、災難は災難です。

仮に小さな災難があれば、それは運気的に済ませてしまったことになります。

このことで大きな災難を防げるのです。

 

災難は陰です。

この世は陰の方が圧倒的に多いです。

陰を体験することは避けれないです。

どうせ避けれないのであれば、小さな災難で済ませてしまえば、陰陽の性質上『陽』に転化します。

笑うことも『陽』です。

その事で運気は上昇します。

これらの運の性質を知っているかどうかでも、ずいぶん人生の質が変わってくるのでは無いでしょうか?

ネガティブとポジティブの本質に幸運の鍵がある

いったい何が吉凶を決めているのでしょう?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です