瞑想家山田孝男に出会うまで足掛け6年かかった話②

瞑想家山田孝男の話の続きです。

 

美大に入った私は空虚感に襲われていました。

 

苦労してせっかく美大に入ったのに、自分は表現したいことがないと気づいてしまったのです。

 

アーティストを目指しているのに、表現したいことがないというのは致命的です。

 

あたりまえですよね(笑)

 

そのときはチャネリングの本にはまっていて、美大を中退しようと思ったのですが、親に止められてしぶしぶ諦めました。

 

それで、美大に通いながら違う道をさがそうとしました。

 

とりあえず興味を持ったのが、レイキヒーリングです。

 

それがきっかけで再び山田先生を思い出し、そのころの機関紙を取り寄せて、なにかヒントはないかと探していたら、”レイキヒーリング教えます”の文字が目に飛び込んできました。

 

これだ!と閃いた私は、さっそく連絡をとってみたのです。

 

レイキを教えている先生は生島さんという人で、よくよく話を聞いてみると、武術雑誌の副編集長をしていて、瞑想は山田先生に師事しているとの事でした。

 

実際に合ってみると、ぜんぜん神秘的な雰囲気はなく、やさしく知的な印象を持ちました。

 

それから、何度か生島さんの所へ通ってレイキを学びながら、山田先生のことや、精神世界系の裏話などをたくさんしました。

 

ですが、最後のティーチャーズディグリー(他人にレイキを伝授出来る資格)は10万円だったので、支払うお金が無く習うことが出来なかったのです。

 

なんだかんだで時が過ぎ、そろそろ大学を卒業する時期になって来たので、なんとかティーチャーズディグリーを受講したいと思いました。

 

しかし、親からの仕送りなしで生活していたので、支払うお金はありません(泣)。

 

ダメもとで卒業制作の作品と交換で生島さんに持ちかけたところ、なんと!二つ返事でOKしてくれて、無事にティーチャーズディグリーを修了することが出来ました(男前!)。

 

そこで、生島さんから誘われて山田孝男の瞑想のセミナーに出ることになったわけです。

 

で、この話で言いたかったことは・・・

 

 

師(メンター、グル)に出会うまでは弟子の準備がいるということです。

 

 

師に出会えれば、非常に深い学びが得られますし、自分が進化していくのを実感できることでしょう。

 

でも行動しないときっかけは作れません。

 

出会うまでの回り道が結果的にいろんな学びに繋がっていきます。

 

なので、その時その時は無駄だと思っても、集中して全力でぶつかっていってください。

 

諦めずに行動していけば、必ず道は開かれます。

 

 

一点突破、全面展開       孫子

 

 

ところで、瞑想家山田孝男を紹介してくれた生島さんも本を出しています。

>武術体操 [ 生島裕 ]

価格:1,404円
(2017/2/14 21:08時点)
感想(0件)        楽天

 

武術体操 (MY BIJIN LIFESTYLE)

新品価格
¥1,404から
(2017/2/28 21:23時点)   Amazon

生島さん自体、武術雑誌の編集長を務めていたこともあり、武術全般の造詣が半端ないです。

 

その生島さんが厳選したいろいろな武術から効果的に鍛錬できる方法をまとめた本になります。

 

西洋的なトレーニングが苦手な方、体力に自信の無い方、武術に興味があるけどやったことが無い方、気の力を強めたい方に特におすすめです。

 

 

※他にも山田孝男さん関連の記事を書いていますので、良かったら見てください。

瞑想家山田孝男の本ではじめてカバラ数秘術を知った話

4件のコメント

  1. 山田 孝男先生、懐かしいですね。

    ぼくが出会ったのは、高尾駅近くのマンションです。

    当時は、シルバーマインドコントロールという名称のセミナーを受講しました。

    のちに、先生の瞑想教室に通いました。

    今日なんとなく、山田孝男先生のことが蘇りグーグルで検索したら貴殿に出会いました。

    縁ですね!

    栗原智仁 八王子市在住です。

    1. じゃあ、どこかでお会いしたことがあるかも知れませんね。

      山田孝男先生の教えでは、個人的にはハイヤーセルフにつながる方法が特に印象に残っています。
      あとは、パイレイコファーなどの発明品やサントダイミ関連などですね。

  2. こんにちは。ご無沙汰しています。山田先生のことを調べていたら、自分の名前が出てきてびっくりしました。お元気そうで何よりです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です