五行易的 ”火水未済” の見方(64卦シリーズ⑳)

前回は、みんなで鍋をつついて、楽しい宴かなと思いつつも、いつのまにか羽目を外して、トラブルになっていた・・・親しき仲にも礼儀あり的な教訓を与えてくれる火風鼎でした。

 

今回は、

 

 

火水未済(かすいびせい)

 

 

です。

外卦(上半分)は離(り)で、火の意味であり性質は炎上です。

内卦(下半分)は坎(かん)で、水の意味であり性質は潤下です。

上が火で、下が水で助け合う関係では無く、かえって火と水は遠くへ離れていく意味です。

水は下にあるため火をコントロールすることが出来ません。

相剋関係の為、火を補うこともできずに下に向かって流れて、火は上へ燃えあがり、結果的に水と火は分離します。

これは、水と火は相入れないことで、未済(未だ済まず)と名づけられました。

 

六親、爻位の象から見ると、自分を表す世爻に兄弟があります。

また、相手を表す応爻も兄弟です。

共に五行は火になり、世爻と応爻の間にある妻財酉金を互いに剋しあう関係になります。

妻財は財産、お金の意味です。

兄弟や友人が互いに一つの財産を奪い合うことであり、助け合えずに最後は失敗してしまうことを暗示になります。

以上のことから、未完成、不足、未熟、離反、分離、反逆、対立、争奪などの意味を含んでいます。

基本的にはこの卦が出たら、運気はあまり良くありません。

また、世爻に兄弟があり、五行は火です。

これは、怒りっぽくて、わがままになっていることを表します。

これを避けるには、五爻にある子孫未土を使うのです。

未土は午火と相合関係です。

相合は引っ張る、止めるの意味があります。

子孫は楽しみ、娯楽、趣味の意味になり、気分転換をはかることにより、イライラやわがままを抑えることができます。

 

※五行易は月日の十二支からの影響を見て、用神が強いか弱いかで吉凶を判断しますので、下記の説明は鵜呑みにせず、参考程度に留めてください。あくまで、卦自体の象、六親、爻位の関係性から見た仮の吉凶ということです。

 

仕事運 ★ 用神は官鬼

基本的に悪いです。

官鬼は伏神で隠れて、卦の表れていません。

しかも、世爻に隠れて、火を剋する水の五行であり、これは見えないところで、世爻を剋してプレッシャーを与えます。

官鬼の水と世爻の火は相剋関係であり、これは仕事が辛くうまくいっていない暗示です。

 

 

異性運

男性の場合  用神は妻財

良くないです。

妻財酉金を剋する五行である兄弟の火が世爻(自分)、応爻(相手)にあります。

これは、一人の女性を二人の男性が奪い合う形になり、結果的に妻財を弱めてしまうのです。

とかく、ライバルが出やすくなる暗示です。

 

女性の場合 ★ 用神は官鬼

良くないです。

伏神で隠れている官鬼亥水が、暗中で世爻の火を剋して、相性が悪いです。

男性との付き合いが、自分のプレッシャーになっている可能性があります。

しかし、世爻に隠れているので、隠れて付き合っている(不倫など)暗示でもあります。

これも男性の場合と同じく、ライバルが出やすくなります。

 

金運 ★ 用神は妻財

良くないです。

世爻に兄弟があることは、妻財の金を剋することであり、金運を自ら弱めることです。

また、応爻にも世爻と同じ五行があり、これはお金や財産を奪い合う形になり、お金の損に注意です。

 

学業運 ★★ 勉強、資格などの用神は父母、試験は官鬼

勉強や資格の場合は、用神が父母になります。

父母寅木は世爻を生じるので、悪くありません。

父母は始まりの爻位である初爻(一番下)にあるので、基礎的な学習をすれば効果的です。

試験運の場合は、あまり良くないです。

合格を意味する官鬼亥水が世爻に隠れています。

水が世爻の火を剋することで、相剋関係になり合格しにくいです。

 

外出運 ★★ 用神は世爻

世爻の強さ次第です。

世爻の地支は午火で、目的地である応爻は巳火で同じ五行です。

これは、世爻から応爻に自分自身が移動することです。

応爻は相手の意味で、兄弟があり、遠くの友人に会いに行く暗示があります。

世爻、応爻共に妻財を剋する兄弟の六親があるので、妻財を弱めやすく出費に注意です。

 

創造力・アイデア運 ★★★ 用神は子孫

そこそこです。

世爻の五行が火で、子孫の五行は土です。

これは、自分が子孫を生じる形であり、これは対象にエネルギーを与えるという関係です。

特に五爻にある子孫未土と相合して、これはアイデア・創造力がほしいという暗示です。

火水未済は未完成の意味で、新たなアイデア・創造力を発揮するまでは、まだ時間が掛かります。

世爻の五行が火で、文化の意味があるので、文化的なジャンルに親しめば、良くなるかもしれません。

 

健康運 用神は世爻

世爻に強さ次第ですが、世爻に兄弟で火の五行があり、怒りっぽくなりやすいです。

病気の意味のある官鬼亥水が、世爻に隠れて暗中で剋して、持病がある暗示です。

亥は腎臓の意味があり、世爻と相剋関係です。

三爻は腰の意味があり、腎臓が弱り、腰痛になりやすいので注意が必要です。

また、六獣(六神)の騰蛇が三爻に配置されれば、悪夢を見やすくなり、睡眠状態が悪くなります。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です