脳内独り言71(試合の占い)

いやー、今回のオリンピックのサッカーは3位決定戦まで中2日の強行スケジュールだったので、試合のある日は全部土の日でした。しかも月も未で土でしたから、試合当日に結果を占えば太過だらけで判断が非常に難しかったです。でも、こういう時は自分の五行易のスキルを伸ばすいい機会なので、なるべく試合の当日に占うようにしていました。

 

元々、私はサッカーやF1は好きですから、結果が気になった時、気分が盛り上がった時には五行易で占うようにしています。Twitterでは何度も言っていますが、試合系の占いは『場』を取るのが非常に難しいです。なぜなら基本的には自分に直接関係のないことになるからです。我が事のように思う強い気持ちがないと中々、試合内容や結果が卦には反映されません。なので、今回のオリンピック関係で占ったのはサッカーのみです。でも、自分が興味のない競技でも家族や他人が非常に気にしている場合には、試合の情報が卦に反映されやすくなりますのでそのまま占っても大丈夫です。

 

試合の占いの場合には1対1の戦いになるので、用神は世爻(ひいきのチームや人)と応爻(対戦チームや人)になります。世爻と応爻の強さを比べてどちらが勝つかを判断することになりますが、順位を占う場合には当然用神が変わります。官鬼は順位の意味があるので官鬼を用神としますが、応爻は他人の意味があるのでこれも同時に見ていきます。なので、応爻に官鬼があって強ければ1番良いことになります。

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です