脳内独り言⑦

消費税増税しましたね。今年は日本の景気が下がると予想しましたが、その通りになりそうです。まあ、これは日本全体の大まかな運気の流れですからしょうがないとは思います。逆にこういう不景気な時こそ長期的な投資をするならチャンスです。でも、日本ではなくアメリカに投資したほうがいいでしょう。なぜなら、世界経済で一番強いのはアメリカだからです。これは占いの結果と合致します。

格差と階級の未来 超富裕層と新下流層しかいなくなる世界の生き抜き方 (講談社 α新書)

新品価格
¥929から

 

YouTube でよく見るニュース番組は、DHCテレビの虎ノ門ニュース、ニュース女子とチャンネルくららですね。まあ、右寄り(保守)のニュース番組ばかりなので、賛否両論あるかとは思いますが、大手メディアが伝えないことをバンバン伝えてくれるので面白いです。正直私としては左でも右でもどっちでも良いのですが、左側の人より右側の人が案外まともなことを言っているような気がするのは何故でしょうか?それは感情的(左・青龍・木の五行)ではなく論理的(右・白虎・金の五行)だからかもしれません。どっちにしても極論は良くないですね。

【数量限定】経済で読み解く日本史 文庫版5巻セット

新品価格
¥3,499から

人は誰しも自分が特別な存在として尊重されたいものです。では、自分が他人にとって特別な存在になるためにはどうするのでしょうか?。それは実は簡単なのです。時流に沿わないか、マニアックでめんどくさいことをするだけです。SNS をやらずに本を読むとか、LINEやメールで済ませるのではなく人に会う、デジタルで絵を描かずに紙に絵の具を使って描く、英語などのメジャーな言語ではなくマニアックな言語を習得する、ネットで商売しないでリアルで商売する、手相やタロットをやるのではなく小難しい中国占術を学ぶ(笑)・・いわゆるニッチ(隙間)路線を突き進むということです。でもやりすぎると、社会に取り残されますが・・

 

セブンイレブンにはセブン&アイ出版の独自の自己啓発系の本が置いています。中野信子、堀江貴文などそうそうたる有名人が書いていますが、意外と良い本もあるのでたまに買います。この前買ったのは『賢い頭をつくる黄金ルール山口真由』という本です。これは題名通りの勉強法や習慣や努力を扱っています。いやあよくまとまって非常にわかりやすいです。「天才ではない人が成功をつかむには、努力をするしかない」という言葉は一見当たり前の言葉ですが金言だと思います。あー、学生の頃にこの本を読んで置けば人生変わったかな・・あ、でも占いには出会えなかったかも。

 

ダン・S・ケネディの本で非常に役に立った箇所があります。「1日1つは何か生産的な行動する」、これは要するに習慣の話ですね。1つ1つは大したことではなくても長期間続ければ、すごい量になります。なので私はなるべくこの教えを守るようにしています。別にちょっとしたことでも良いのです。既読本をもう一回読み直してみるとか、お世話になっている人にお礼のメールや手紙を書くとか、何かアイデアが浮かんだり感激した言葉があればメモしておくとか、新しい単語や用語を一個覚えるとか、少し運動してみるとか、普段はやらないことをやってみるなどですね。もう1つは「お金持ちは自分の内面を変えてくれるものにはいくらでもお金を払う」という言葉です。これはお金持ちではなくてもそうですね。私も私の内面を変えてくれるものに、日々お金を払い続けています・・(笑)

億万長者のお金を生み出す26の行動原則

新品価格
¥2,996から

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です