脳内独り言63(不運)

どうも上手くいかない日ってありますよね。いわゆる不運な日ってヤツです。これはどうしようもないとは思いますが、私の場合には乗り越え方があります。もちろん改善はしますけど、どうしても避けれないことってあります。

 

私の場合には大体土の日(丑土、辰土、未土、戌土)が多いですかね。土は五行的には土に還るということで、行動のツケが回って来やすいからです。なので土の場合には過去を表すことが多いです。日で言えば三日に一度のペースになります。

 

そういう時には大体、その不運を記録しますね。私は占い師ですから、あとから見返すと勉強になることが多いからです。年運や日運や他に占ったことなどがその不運に関連していないかどうかをチェックして次に生かすのです。ただ単純に書くということがストレスの解消になる場合もありますし、メタ視点で振り返ることによって他人事見たいに感じられて一石二鳥ですね。

 

大体はその不運は年運や日運や近いうちに占った事柄などは関連していることが多いです。人生は幸運(陽)より不運(陰)の方が多いですから、当然記録する数は多くなります。基本的に私は紙には書きません。全部iPhoneのメモ機能やiPadでPagesなどを使って保存しています。画像を同時に保存できるし、検索機能が使えるので後から見返しやすいからです。

 

そもそも「書く」という作業は「外に出すこと→表現」になりますから、四柱で言えば食傷、六親五類で言えば子孫を強くすることになります。逆に入力は印綬、父母になりますので、本を読んで勉強することになります。子孫が強くなれば、当然官鬼を剋してストレスを減らします。しかも妻財を生じますから結果的に金運も上がりやすくなるのです。

 

五行易メール鑑定

五行易の添削・質問

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です