五行易はもはや生活必需品だ

うーん、コロナ禍の影響が思ったより酷いですね。

あまり外に出れなくて困ってます。

占い的に言えば夜明け前は暗いという言葉もあるように、新しい時代が来る前にはどうしてもネガティブなことが起きるので仕方がありません。

ここを乗り越えれば、令和の時代はいい時代になると思います。

 

実は1月末に新型コロナのことは占っていて、ある程度広がることは予想できていたのですが、ここまで酷くなるとは思っていませんでした。

何せ世界的なパンデミックの占いなんて初めてですから、データがなく判断基準が曖昧だったので・・

とりあえず、卦だけのせときます↓

※ヒント:官鬼が用神で卦に2つあり日と同じで強いです。原神の妻財は隠れて伏神ですが、月と相合して十二支は子で2020年は子年です。世爻は月破で官鬼に剋されています。遊魂卦です。

 

で、ご報告があるのですが、3月末に神奈川県某所より東京某所に引っ越しをしました。

いやあ、引っ越しの準備をやっている最中に徐々にコロナが洒落にならないレベルになってきて、無事引っ越し出来るか冷や冷やの連続でしたよ。

もちろん、あらかじめ占っておいた+年運が悪くなかったので、その結果を信用しての行動でしたけど。ストレスは半端なかったです。

でも、そのお陰で改めて確信できたことがあります。

 

 

五行易はこれからの時代にとって生活必需品のレベルではないか・・ということを。

 

 

元々何するにしても、あらかじめ占ってから決めてきた私ですが、

私の五行易の使い方をダン・ケネディ風に説明する

今ほど五行易の必要性を感じたことがありません。

このままだと確実に不況になります(もうなってるか・・自粛、自粛で大変そう)

場合によっては仕事がなくなったり、収入源が断たれたりする人も出てくるでしょう。

万が一コロナに感染してしまえば、他の人に感染させる可能性もありますし、重篤化する心配もありますし、確実に公的機関や医療機関のお世話になることになります。

私の性格上、コロナに感染することによって自由が制限されてしまうことが一番イヤです。

※自由の制限は十二支の相合、十二運だと墓、六獣だと勾陳や螣蛇で表しやすいです。

 

そのためには自分の身は自分で守ることが先決です。

外に出なくても仕事ができる人はいいですが、外で仕事をせざるを得ない人はすごいストレスだと思います。

私の場合、年運で世爻が強いですから多分新型コロナにかかる可能性は低いですが、止むを得ず外出するときは念のため五行易で占って当日の運気を確認します。

もし、運気が悪ければ(世爻が弱い。忌神や官鬼が強かったり、発動して世爻に不利な働きをしている)場合は世爻を強くする十二支、五行に対応するものをお守りとして使い改善しています。

また「今日、このスーパーで買い物すればコロナにかかるか?」なども占えてしまいますので、結果が怪しければ他のスーパーを占い、結果が良ければそこに変更するなどの対応がとれます。

ここまで自由度が高く、かつ具体的に改善できるのは五行易の強みになります。

 

※五行易の学び方note↓

https://note.com/daikokuten03/n/n80d3dc784446

 

 

8件のコメント

  1. ブログ楽しみに拝見しています。
    私もコロナで日本はどうなるかと、2月に占いました。
    官鬼が強くなかったので平気かな、と思ったのですが、見返してみると、遊魂卦、子孫が伏神で空亡、子孫の忌神の父母が独発で、なかなか治療法が確立されないのを表していたのかな、とも思います。(官鬼が強くなかったのは腕がよくないのかもしれないですけれど…汗)
    長期戦になりそうですが、大黒天様も、ブログを見ている皆様も、どうかご健康でお過ごしくださいますように。

    1. すみません、説明不足でしたね。上記の卦は「日本でコロナが広がるか?」ではなく、武漢で感染が広がっているとのニュースを見て大まかに「コロナはどうなるか?もっと広がるか?」という問いで占ったのです。もう少しあとに「日本ではコロナはどうなるか?」と占いました。そうしたら官鬼寅木で強かったのですが静爻であり、原神(妻財)が発動して回頭剋、世爻は日と同じで強かったので最初の卦よりは凶が弱まっていました。

  2. 当たるも八卦当たらぬも八卦で占いではパンデミックの広がり具合を正確に予想できなかったのだから,どこのスーパーが安全かなんて占うのではなくオンラインで済ませるなど現実的な対応をするべきでしょう。。

  3. すみません、私がちゃんと記事を読んでいなかったです。
    丁寧なお返事ありがとうございます。恐縮です。
    他国では更に深刻な被害が出ていますので(日本もじゅうぶん深刻ですが)、やはり易は当たりますね。
    けれど、まさかここまでコロナ禍が大きくなると思いませんでした。

    原神回頭剋ということで、少し希望が見えました。(私も妻財が強くなかったです)
    易を活用してしっかり乗り切ります。

    (あと、横から失礼しますが、依存症?ってくらい研究や検証に打ち込んでる占い師が本物だと思います)

  4. いやいや、五行易当たってますよ。世界基準で見たら日本での死者の増加は大したことがありません。感染はするが、大したことがない。こちらの方がこれから占うべきことかと思えてきました。タロットではしっかり未来の位置に名前の無い「13」(マルセイユタロット以外では死神の名を持つカード)が出てはいましたが、倒立していて、死神の力が日本で広がっていくには一筋縄ではいかない事が示されていました。しかしその視線先にある現在カードの位置には「皇帝」の倒立。政治や権力はこの問題にあまり対処しきれていないように見えますし、過去の位置に来た「悪魔」のカードは「思い込み」や「だまし」「洗脳」と関わっていてこれも倒立していて、「コロナ怖い」という印象だけが独り歩きして自粛していく日本人の置かれた状況を意味していると思いました。不思議な免疫力が日本人にはあるように思えるんですが、どうでしょうか。過去の解決カードが「正義」で、強い免疫力。それを見つめる現在の解決カードが「星」で、食生活、またまたそれを見つめる未来の解決カードが「手品師」のもつバトンの持ち方が昔のBCG摂取の際の接種棒の持ち方に似ているので、サイトカインストームが起きにくい日本的な食事、BCG義務化、で劇症化で死に至る率が極端に低いのではないかと読んでみました。大黒天さんの出された卦が、強いが静爻の官鬼、原神妻財が回頭剋、世爻が強く、なので凶作用が抑制されていく、という読みも、実際のことの推移に照らせばズバリ当たっていると思います。

    1. 丁寧なコメントありがとうございます。
      パンデミックの場合には科学的な見方も重要だと思いますが、メンタル面の健康も重要だと思います。
      東洋医学では昔から心身一如という考え方があるので、あまりにも怖がりすぎるとメンタルのダメージが体に及ぼす影響が強くなると思います。
      原神が回頭剋の卦は近々ブログにアップします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です