脳内独り言39(恋愛運)

最近はコロナ離婚などの記事を見かけるようになりましたが、コロナが原因で離婚するなら遅かれ早かれ離婚するだろ・・と思っている今日この頃です。

 

恋愛運では女性が占えば用神は官鬼です。官鬼は仕事も表すので、なるべく恋愛運と仕事運は分けて別の卦を立てて吉凶を判断したほうが良いです。なぜなら、相談者の運によって、仕事運は良いが恋愛運は悪い、恋愛運は良いが仕事運は悪いなどのパターンがあるからです。男性の場合には恋愛運と金運が妻財になりますので、これも一つの卦から金運と恋愛運を同時に吉凶を判断することは難しいです。

 

 

ですが、相談者から同時に請われた場合には、まず相談者か一番知りたい運の吉凶を判断してから判断するようにしてください。一番知りたい運が一番特徴的に卦に現れるからです。でも用神が一つしかない場合などには判断が難しくなりますので、無理して判断せずもう一度占ったほうが良いです。なぜ、卦と直接関係のない細かいことを説明するかと言えば、細かいところまで気にして判断していかないと占断を当てることが難しいからです。

 

恋愛といえば異性との縁(運)が非常に大切です。ほっといても縁がある人はあるし、努力しても縁がない人はないです(汗)。運気を改善したとしてももともと異性運が強い人にはかないません。でも異性運が弱いなりのシノギ方というのがあります。だから運が良い人を羨んでも仕方がありません。なので、がっつり異性運を強めてからやれることからコツコツやっていきましょう。相手から好意を持たれるには、まず他人と比べることをやめることが先決です。だって、あなただって人から比べられたらイヤでしょう?

 

恋愛運でもなんでも運気を変える一番効果のある方法はそりゃ風水を変えることです。現在の運気の結果(その先の運気も)としてその家や部屋に住んでいるのだから当然です。五行易で占ってから風水の良い家に引っ越しするんですよ。そしてまた改善して微調整していくのです。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です