非仙人との対話⑨(無常)

ある日の瞑想中・・・

 

私:マインドフルネスやるようになったら、非仙人出てこなくなったなー

 

 

非仙人:おい

 

私:うわっ、何?なに?

 

非仙人:死を思え

 

私:メメント・モリかな?

 

非仙人:大体合ってるが、ちょっと、ちがう

 

私:でも、いきなり骸骨姿で出てこなくても・・

 

非仙人:お前は占いにはまりすぎた副作用として、この世界の基本的なことを忘れておったのじゃ

非仙人:運を良くしたいという考えに囚われていたのじゃ。それでは、本質にはたどりつけん。

 

私:まあ、なんとなく占いに対して限界を感じていましたが・・

 

非仙人:占いはあくまでこの世界を知ることの出来る道具の一つなのじゃ

非仙人:執着するでない

 

私:はあ

 

非仙人:話は変わるが

非仙人:最近、サイエンスゼロを見ておったな

 

私:そうですね。それがキッカケでマインドフルネスにたどりつきました

 

非仙人:あれは、ワシの差し金じゃ

 

私:え?

 

非仙人:まあ、マインドフルネス自体というわけではなく、もとになったサマタ、ヴィパッサナー瞑想の方じゃがな

 

私:そうなの?

 

非仙人:以前、お前に無力になれば、タオをコントロールすることも可能と言ったのは覚えておるか?

仙人っぽい存在との対話①(もしかして老子的何か?)

私:はい

 

非仙人:矛盾しているようじゃが、タオをコントロールするには、コントロールしようという執着を手放さなければならん

 

私:うん、矛盾してるね。サマタ、ヴィパッサナーやりだしてから何となくわかってきたよ

私:呼吸に集中することによって、あまり占いに執着しなくなってきたような気が・・

 

非仙人:そうじゃろ、ワシがわざわざお前に科学に興味を持たせ、サイエンスゼロを通してマインドフルネスに誘導した意味がわかったか?

 

私:そうですね、この方法は私に合っているような気がします・・

私:・・過去でも未来でもなく 今この瞬間 に集中して、自分の身体、思考、感情、周りに起こっている出来事に気づき・・

私:・・気づいた上でそれに反応せず、流れをただ観続けるだけという・・

 

非仙人:そう、自我を手放すことが出来るかどうかが鍵となる

非仙人:言葉で説明するのは難儀じゃが・・・

 

・・・

 

・・

 

非仙人:五行にも一生があるじゃろ?

マインドフルネスはどんな効果があるのか?

 

私:はい

 

非仙人:吉凶を決める目に見えないエネルギーである五行ですら、一生がある

非仙人:つまり、五行でも 死はまぬがれない ということじゃ

 

私:なるほど、呼吸による癒し (ラリー・ローゼンバーグ著)でも、生命はいつか死ぬ という 無常 を感じることが重要だと書かれていました

さっそくマインドフルネスをはじめてみた

 

私:ははーん、だから最初に骸骨姿だったのですね

 

非仙人:うむ

 

私:やっと納得しました

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です