うちの飼い猫の話・・六爻

前回の続きです。

エサ、家、毛布などの写真を燃やして、あの世に送った私は、少しホッとした気分になっていました。

 

 

でも、別に本当にあの世に送れなくても構いません。

実際確認のしようがありませんから、そんなことはどうでも良いです。

 

「オレの気が済めばそれでいい」と思ってます。

 

だって、もう現実には飼い猫は目の前にはいません。

触れないし、抱っこできないし、戯れることもできないし、鳴き声も聞くことができないし、毛づくろいしている時の気持ち良さそうな表情をもう二度と見ることができません。

 

とりあえず、何かやったという慰みが欲しかっただけです。

 

なんでこんな想いしてまで、この世界を生きなきゃならないのか、よくわからないですが、そうなっているのですから諦めるしかありません。

 

もし、生まれ変わったら再び会いたいとは思いますが、アイツは猫です。

もっと自由に生きたいでしょう。

元々、私が好きで飼ったわけじゃなくて、友人が勝手に連れてきたのです。

そんな縁ですから、自分の欲望のためにアイツの誇り高い魂を振り回したくありません。

でも、アイツが再び一緒にいたいと思っているならば、飼うのはやぶさかではないですが。

 

実際、占いはクソだと思います。

何故なら、生物はみな死ぬという宿命はいくら改善しても変えられないからです・・

 

・・まあいいです。

占いにも限界があるので、文句を言ってもしょうがありません。

 

 

写真を燃やした翌日の深夜のことです。

寝入り端に真っ白い少し毛の長いゴージャスな猫が枕元に立ち、甘えるように鼻を近づけてきました。

あまりの臨場感に飛び起きた私は「これは飼い猫ではないか」と強く感じました。

ですが、飼い猫は短毛の白黒斑なので、少しイメージが合いません。

でも、存在感が飼い猫そのものでした。

「ん?、もしかして来世の姿なのかな」と思って記憶に必死の留めようと何度もイメージを反芻し、その特徴をメモに残しました。

将来、どこかで見かけた時に確認するためです・・

 

・・頭がおかしいと思われるかも知れませんが別にどうでもいいです。

頭がおかしくないと、運なんかと対峙できないですから。

死ぬまでこの地獄で好き勝手にやりきるだけです。

アイツみたいに。

 

 

ただ地獄を進む者が 悲しい気持ちに勝つ

『地獄でなぜ悪い』 星野源

 

6件のコメント

  1. 先日はありがとうございました。
    この一連の記事を読んで今年のはじめに亡くなった長年連れ添った小鳥のことで初めてコインを振りました。
    具体的な問いは無かったのですが子孫が世爻にあって亡くなった応期もなんとなく取れてるかなあという感じなのですが、とにかく太過で原神が2つあり月日から生助あって進神、もうひとつも暗動、用神の子孫も月から合され日から生じられ発動して回頭生です。
    これでもかと生を受けてるのですが具体的な問いがないのでこの太過が悪い意味を持ってるのかも判断しかねます。
    未だ、鳥かごなどもそのまま片付けられずにいるのが良くないのかなあと思いつつ、まだまだ心から一ミリも離れたくないとも思っています。
    もしよろしければこの場合の太過の扱いを教えていただきたいです、よろしくお願いします。

    1. 特に具体的な問いが無ければ、象意だけを表すので問題ないと思います。
      子孫が太過なのは強すぎて小鳥が亡くなった意味と世爻にあるので楽しくない→悲しんでいる→忘れられないという風に解釈できます。

  2. 回答ありがとうございます。
    子孫は5爻にあって青龍がつき、老陽(過去)なので幸せだった日々のことかなとも思いましたが、そうですね今は幸せだった日を思い出しながらその分泣いたりしています。
    幸せな過去が太過で悲しいという解釈ならわかる気がします。
    まだまだ悲しいと思えるのも幸せがあったからだと思うと少し救われます。
    ありがとうございました。

  3. こんにちは。
    どうしても確認したいことがあるのでお聞かせくださいませんでしょうか。
    先日、上のコメントで書いた小鳥のことなのですが、未だに巣箱など当時のまま片付けられず
    死後の存在は分かりませんが、もし自分の思いや行動が成仏の邪魔をしていたらと思い卦を出しました。

    未月 壬戌日(空亡・子丑)
    風雷益→風山漸

    で、5爻の子孫巳火は日の戌に入墓して初爻の父母子水の水の三合局に剋されています。
    これで思い当たったのが、遺体を素焼きの鉢に埋葬してその上に植物を植えているので水やりをよくします。
    素焼きの鉢はレンガと似ているので戌土の象意にあたり、そこが子孫の墓なのでお墓そのものとも重なります。また三合局には世爻の辰土も含まれて水やりをしてる自分の意味、また湿った土の意味も取れます。
    なので、この今の埋葬状態は鳥にとって良くないのではと思い鉢から取り出して他の弔い方をしようかと考えながら卦を出しました。

    未月 癸亥日 (子丑)
    風雷益→水澤節

    で、2爻の原神の兄弟寅木が進神、6爻の原神兄弟卯木は父母子水に変わってこの場合は回頭生より空亡に変わった事を優先して見る方がいい気がします。
    そして用神の子孫巳火は日に冲され発動した原神に助けられ暗動しています。
    同じ風雷益が出たことで場は取れていて、墓にはまっていた状態から暗動できることは最初の問いは成仏出来ているのかですから墓から出れて良いことだと思います。
    また6爻の原神が空亡に変わったことは天の爻位で空になって魂か何かが解放されたような感じを受けました。
    また、変卦が六合卦でこれも良い印象を受けました。

    テキスト関連以外の事を聞くのはやめようと思っていたのですが、これだけは判断を外したくないのでもしよろしければ意見を聞かせていただきたいです。
    よろしくお願いします。

  4. ありがとうございます。
    お返事をいただけたらすぐにでも取り掛かろうと思っていました。
    巳日を待ちます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です