強運になるための心得 その2

強運になるための心得 その2

 

行動するべし!

 

・・・

 

・・・

 

アタリマエですか?

 

あたりまえですよね。

運の考え方に棚からぼたもち(思いがけない幸運が舞い込むこと)という風潮がありますが、

 

 

何にも行動しなかったら、ほぼ幸運なんて降ってきません。

 

 

待っているだけだと、多分ただ年をとるだけでしょうね(爆)

 

これは、五行易の理論からも説明できます。

以前の記事のところで、

ダン・ケネディから学ぶ 「稼ぐ社長」の作り方  寺本 隆裕

癸卯(木)月 丁卯(木)日   空亡 辰巳

  • 玄武     妻財卯木’
  • 白虎     官鬼巳火’
  • とう蛇    父母未土×世→官鬼午火
  • 朱雀     官鬼午火’’
  • 青竜     父母辰土’
  • 玄武     妻財寅木’’応

この卦を紹介しましたが、赤文字のところに注目してください。

一つの爻(こう)だけ動いてますよね?

これが独発(動爻)といいます。

赤文字以外の爻(こう)は全然動いてないですよね?

通常の見方だと、月日の影響(五行の生剋)を見て吉凶を決めるのですが、赤文字の父母未土だけ発動していますので、見方が非常に特殊になります。

父母未土は卯月卯日が共に五行が木で、両方から剋されています。

これは非常に弱いということで、わかりやすく凶になります。

ですが、父母未土は一つだけ動いて官鬼午火にかわります。

火は土を生じて助けられることになりますので、官鬼午火から父母未土は助けを得て強くなります。

すると、月日の影響は基本的に無視される状態になり、凶から吉に転換してしまうのです。

勘の良い方ならもうわかったと思いますが、

 

 

独発(動爻)=行動

 

 

ということになります。

動爻は読んで字のごとく、爻が動くことをいいます。

基本的に動爻は、いくら力が弱くても他の動いていない爻(静爻)に比べると、かなりの影響力をもちます。

そりゃそうですよね。

この世界で成功したり、有名になっている人はすべからく行動していると思います。

ただ待っているだけで幸運になった人なんていません。

 

じゃあ、どうやって行動すればいいの?って方におすすめの本があります。

大金持ちをランチに誘え!  ダン・S・ケネディ

これですね。

良かったら読んでください。

タイトル名があれですが・・

なんとかならなかったのでしょうか?

原題と全然違うし、これでは誤解を招くだけでは・・

 

まあ、いいです。

みなさん、強運になりたかったらどんどん行動していきましょう。

それで失敗したら、また修正すればいいんですよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です