脳内独り言50

脳内独り言も50回になってしまいました。

またつらつらと書いて行きたいと思います。

 

もう冬至も過ぎて年末も推し迫って来ましたが、五行易の場合には立春が年の切り替わりになります。1月の丑月はまだ庚子年なので注意しましょう。あ、でも立春にならなくても来年度の年運はあらかじめ占っておくことはできます。

 

神社とお寺に行き来年度の運気を思っておみくじを引いたのですが、2回ともほぼ同じ結果でした。すでに来年度の年運は五行易で占ってますから、おみくじの内容と比べて見てもほぼ同じ様な結果だったので笑ってしまいました。結果が悪いからって何度もおみくじを引いたり、五行易で占っても意味がないのでやめましょう。

 

ひょんなことから五行易を始めて15年ほどになりますが、まだまだ飽きる気配はありません。ていうか、的中率と応用度が高すぎて他の占術を勉強しても結局、五行易に戻ってきてしまいます。まあ、他の占術も参考にはしていますが、最終的な吉凶を判断するのはやっぱり五行易ですね。

 

今年は引っ越して方位術を試しやすくなったので色々やって見ましたが、吉方位と五行易で出す吉方位は実際かなりズレました。まあ、画一的に吉方位や凶方位を出しても各個人の運気や状況がありますから、結果がズレて来るのは当然です。なので、吉方位の判断は結局、五行易で行うことが多くなりました。

 

来年度の運気はもう占っていると書きました。どうも改善策がしっくり来なかったのですが、五行易で出した吉方位のお寺に行った時に、偶然あるものを見つけました。占って見たらバッチリはまったのでそれを使おうと思います。何故効果が高まるかと言えば、年運の改善の鍵となる物は六爻の子孫、子孫の墓だったので、お寺の意味と合致するからでしょう。

 

五行易改善マニュアル

https://note.com/daikokuten03/n/n540b02669bcf

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です