脳内独り言30

軽い気持ちで始めた脳内独り言ももう30記事めですか・・もう読者はうざい通り越して諦めているんだろうな・・でも、なんでこんなにしつこくやるかというと、占いってのは正解がありませんし、人によって理解に向かうアプローチが違うので、様々な人たちのヒントになるように色んな視点から書いているからですね・・

 

・・こんな偉そうなことを言ってますけど・・私だって未だにどうしてもわからない卦はありますよ・・・数年ほど経ってわかる場合もありますからね・・こないだなんて5年ぶりに理解できましたから・・そりゃあ、「ああ、そうだったのか」と脳内がパアッとスパークした感じで、その開放感ったらなかったです・・・だから、みなさんも今わからないからって悲観する必要はないですよ・・目の前に壁があると感じたら、壊すのではなく迂回してください・・

 

占いは一応のルールは使いますが、所詮は東洋思想なので理屈を積み重ねていけば、できるようになるとは限りません・・・結局、最後は各個人の体験で理解するしかないのです・・なので、悟りへの修行と似ているのかもしれないですね・・東洋思想はプロセスではなく結果重視です・・なので、占った卦と結果が合わない場合は、卦が間違っているわけではなくて、自分が間違っているのです・・

 

なんだか、ヒロシです・・みたいな文体になってしまいましたが、ノリで書いているので許してください・・占い師でプロになるとか正直大変です・・でもないか・・免許とかあるわけではないので・・誰でも占い師と名乗ればいいわけですから・・しかし食えるかどうかは別です・・・占いだけで仕事するのは収入は不安定になりがちなので、あまりおすすめできません・・実力があるのと金運は別なのです・・勤める仕事が向いている人もいますし、自営業向きの人もいますから・・妻財が弱いとお金が入って来にくいのです・・まずは軽い副業みたいな感じで経験を積むことをおすすめします・・完全に自営業になってしまえば、社会的な証明がないですから、家を借りたりするのも苦労しますよ・・

 

官鬼は仕事、出世の意味があります・・占い業では関係ないような感じですが、影響することがあります・・なぜなら、社会の中での出世運ということで、名が売れることを表します・・自営業や経営者もそうですよ・・運気を改善するなら妻財と官鬼を強くすることですかね・・ああ、これは官鬼と妻財が弱い場合には強めたほうがいいですが、強すぎる場合には弱めたほうがいいです・・でも、官鬼は剋しちゃダメですよ・・官鬼は霊や神様で意味になるので、剋してしまうと怒っちゃいますから・・・「戦わずして勝つ」ということです・・・

 

あ、でも病気の場合は別です・・現在新型コロナウィルスが日本で流行りかけていますが、病気占いの場合には官鬼が病気の意味を持ちます・・ウィルスの場合も用神は官鬼です・・その場合には剋しちゃっても大丈夫です・・でも自分自身が感染してしまうかどうかは、世爻の強さで判断しますので、世爻を強めるのも重要です・・・

 

2件のコメント

  1. コロナウィルスはどんな落ちになると思われますか?
    大したことはないという医師のコメントがありますが、まるで大戦のように意外と広大な範囲で、長引くような気がします。

    1. そうですね。
      日本では爆発的な感染はないと思いますが、思ったより長引く感じです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です