NETFLIX『魔法が解けて』を観よ!!

いやあ、何気なく惚けた顔をして、ネットサーフィンしてたらですね。

こんな記事があったわけですよ↓

 

https://wired.jp/2018/11/04/disenchantment-review-netflix-toon/

 

NETFLIXの会員ですから、ちょっと観てみようと思ったわけですよ。

 

魔法が解けて

 

まあ、あのシンプソンズ作った人の作品ですから、強烈なブラックユーモアとファンタジーを掛け合わせた作品かなと思って安易に観始めました。

最初は本当に想像したノリで楽しく見てたのですが、主要キャラクターがちょいちょい鋭いセリフ回しをしてくるわけです。

まるで、

 

禅問答です。

 

私も若干悟りそうになりました。

 

で、背景のデザインや細部まで作り込みやクオリティが半端なく、カメラワークのキレとテンポが絶妙で、

 

「あれ?これ地味に凄くねえか?」

 

「ただのファンタジー風ギャグ作品だと思ったのに、なんなのこのクオリティは」

 

と、思いながら観ていました。

 

ネタバレになってしまいますので、詳細は書きませんが、6〜7話目ぐらいから、急に物語のギアチェンジして怒涛の展開が待っています。

 

「えっ、何?この展開は、何?」

 

「うわー、やられたーーー!!普通そんなところに伏線仕込むか?」

 

などと、久しぶりに叫びながら観てしまいました。

 

この作品はスゴイので、ぜひ見た方が良いですよ。

羊の皮を被った狼的作品だと言っていいでしょう。

注意点としては、かなりグロい描写(首が飛んだり、腕が飛んだり、人が死にまくったり)が出てきますが、基本的には可愛い(?)キャラクターが動く作品なので、あんまり気にならないです。

この作品を観終える頃には、あんなに酷いことをするキャラクターなのに、何故だかギャップ萌えしているあなたがいることでしょう・・

 

・・うーん、NETFLIXさん、なんかキャラクターグッズ出してくれませんかね。

 

続編も早めにお願いします。

 

で、ギャップ萌えで思い出しましたが、↓の記事は面白いので、興味があったら読んでください。

ギャップ萌えを快と不快の振り子の例えで、わかりやすく説明してくれています。

なぜ僕よりロクでもないアイツのほうがモテるのか?恋愛のプロの答えは

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です