増刪卜易(ぞうさんぼくえき)を読み解く⑥

増刪卜易も卜筮正宗も文章が難しく、そのまま書くのもめんどいので基本的にこれからは超訳で行きます(汗)

あ、五行易(断易)に興味があるけど全然分からんという人は、カテゴリーの『五行易基礎』の記事を読んで見てください。

 

巳月丙戌日(空亡−午未)に集落を通る乱を避けることを占って、乾為天が火天大有に変わる卦を得ました。

 

・・リアルキングダムの世界ですね。

村に来る賊を避けるためにはどうしたら良いか?(怖)という問いです。

文章を読むと衆とありますから周りの人の判断では、子孫が水の五行で金の五行が動いて子孫を生じるので北に逃げて賊を避けるのが吉と判断したようです。

でも、この占者は衆の判断は間違いであると指摘しました。

兄弟申金が動いて回頭生になるのは、破財(財産を無くす)の象であり、官鬼午火が月令を得て世爻の戌土を生じているので、南(午)に逃げて避けるのが吉と判断しました。

 

結果

集落のみんなは占者の判断を信じて南へ逃げました。

その後、賊は北から集落に侵入し、火を放って村を焼いて去って行きました。

家屋や稲や穀物は全部灰になってしまったが、みんなの命は助かったのです。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です