五行易占例:パソコンは壊れたか?

ある男性はネット閲覧中にブラウザの不調が続いているので、そろそろパソコンが壊れるのかを占い、地水師が山風蠱に変わる卦を得ました。

 

 

パソコン自体は妻財ですが、OSやアプリケーションが動作するかどうかは父母を用神とします。

父母は六爻にあり月と同じで強いです。

しかし、忌神である妻財午火が発動して、金の五行が剋されています。

父母自体も発動して子孫寅木に変わっています。

十二運で見れば寅木は金の絶の地であり、文字通り絶える、ダメになるという意味があります。

占ったのは申月下旬です。

そうすると、翌月は酉月になりパソコンが壊れる可能性があります。

なぜかといえば、忌神の妻財はパソコン機器自体と捉えることができ、妻財が発動して父母を剋するのであれば、機器自体の故障でOSが作動しなくなる可能性が高くなるからです。

 

結果

酉月に入った9月7日の酉刻に、パソコンの電源を入れても真っ暗な画面しか出なくなり、壊れてしまいました。

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です