お金と自営業者と六親五類

最近、ダン・ケネディのハードボイルドな言い回しに、痺れている占い師の大黒天です。

 

以前の記事で仕事運を観る場合、自営業者の場合はサラリーマンと違うと言いました。

 

今回は自営業者のことについて、お話します。

 

六親五類(りくしんごるい)については以前、説明しましたね?

自分(我)を含めた親族関係を五つに分けたもので、官鬼(かんき)、父母(ふぼ)、兄弟(きょうだい)、子孫(しそん)、妻財(さいざい)です。

 

これらは、五行易で吉凶を判断する際の重要なものです。

てゆうか、そもそも六親五類がないと判断できないのです。

 

妻財の意味はお金などの流通するものでしたね。

 

自営業者の方が、儲かるか?と占った場合は妻財(お金)を中心に見ていきます。

 

簡単にいえば、妻財が強ければ儲かる、弱ければ儲からないです。

じゃあ、それを生み出すもとってなんでしょうか?

 

そうです。お客さんですね。

 

お客さんを六親でみると、子孫になります。

なぜかというと、我の五行が生じるものが子孫になります。

我の五行が水だった場合は、子孫は木です。

その子孫の木が生じるものが、妻財の火になります。

 

子孫の意味は、子供、孫、ペット、娯楽、医者、占い、警察、薬、安全などです。

 

子孫の基本概念としては、楽しい、ポジティブな感情を抱くものということです。

もう少し説明しますと、医者は苦しんでいる患者さんを治しますよね?

子孫(医者)は官鬼(病気)を剋するので、病気を退治して、患者は楽になるということになります。

ちなみに占い師も子孫になります。

 

子孫はお客さんだと言いました。

これは、妻財を生じるため定義したわけですが、そうすると自営業者のあなたがやるべきことが見えてきます。

 

そこで今回の結論です・・

 

売り上げを増やしたいのであれば、お客さんを楽しませること。

 

になります。

当り前ですよね。

あなたが何の商品を扱っていてもお客さんが楽しい気分になり、買ってよかったと思ってもらえないと、リピーターにはなりません。

楽しませることはポジティブな感情と言い換えても良いです。

感情が動かないとお客さんは行動しません。

 

お客さんの悩みを解決し、楽を与えることが、商売をする上で大事なのではないでしょうか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です