予告編とマインド・ゲーム

ベテラン文化系男子である占い師の大黒天です。

 

みなさんは映画の予告編は良く見ますよね?

 

予告編を見ておもしろそうだからと思い、映画を実際観にいくと以外とつまらなかった経験はあると思います。

 

これは現実のいろんな出来事に当てはまりますね。

 

例えば、大恋愛の末に幾多の障害を乗り越えて結婚したカップルがいたとしましょう。

最初はその余韻で楽しくてしょうがないですが、次第に地味な生活の連続で刺激がなくつまらない結婚生活になるとか。

 

また、すごく欲しい車があるとします。

努力してお金をためて、念願の欲しい車をやっと買えたとします。

手にいれてみたら、以外とうれしくなかったりとか。

 

確かに、欲しいものが手に入ってから満足するものもありますが少数でしょう。

 

映画も同じで、観てみたらおもしろくて満足するものもありますが、予告編以上の出来栄えの映画なんて少数です。

 

私は予告編を見るのが大好きです。

 

なぜかというと、すっげぇおもしろそう!と思うその瞬間が好きなのです。

 

映画の内容に対する好奇心、期待感を感じると興奮してきます。

 

まだ、本編も観ていないのに、充実感があります。

 

つまり、何を言いたいのか?

 

 

あなたの日常を予告編に変えて行け!

 

 

ということです。

 

現実はあなたが主人公の映画(人生)と一緒です。

 

つまり、予告編とはその映画(人生)に対しての純粋な期待であり、毎日があなたの明日へと繋がる予告編なのです。

人生はあなた自身の終わらない物語の一つだと思いましょう。

まわりに期待しても何も変わりません。

そんな不確定なのものに期待するのではなく、あなた自身に期待していきましょう。

 

 

これは、あなたの物語なのです。

 

 

どうせ終わらない物語であれば、毎日を予告編にして人生に期待感を持った方が楽しいと思いませんか?

 

映画(人生)がつまらないなら、あなたが観たいと思う作品にどんどん変えていきましょう(リフレーミングとイマジネーションを使って)。

 

 

最後に、あなたの物語を後押ししてくれるすばらしい映画をご紹介したいと思います。

マインド・ゲーム  湯浅政明

マインド・ゲーム [DVD]

価格:19,500円
(2017/5/19 00:18時点)
感想(0件)  楽天

映画クレヨンしんちゃんのアニメーターをやっていた湯浅政明の初監督作品です。

私が公開当時に観にいって衝撃を受けた作品で、初監督とは思えないほどすばらしい出来栄えです。残念ながら興行収入は振るわなかったみたいですが・・

 

 

この作品のキモは、信念と行動が人生に及ぼす影響力の強さの表現です。

 

 

何せアニメーションの動きのリズムと色彩感覚が素晴らしく、まるでこの映画から新たな生命が誕生するかのような爆発的なエネルギーが感じます。

情報量が多くて一回観ただけでは理解しきれませんが、必ずやあなたに深い気づきをもたらし、生きる気力がみなぎってくる映画になると断言できます。

今までなんども観ましたが、観るたびに違う視点が得られる稀有な作品です。

 

これはまるで、アニメ界のナポレオン・ヒルですね。

思考は現実化する

思考は現実化する_アクション・マニュアルつき    Amazon

で有名なナポレオン・ヒルの著作は、どれも煮えたぎるような熱意(エンスージアズム)に満ち満ちているのです。

マインド・ゲームとナポレオン・ヒルの著作は共通点が多いので、良かったら読んでみてください。

 

で、このマインド・ゲームですが、

予告編より本編の方が断然おもしろいです。

マインド・ゲーム [DVD]

新品価格
¥15,000から
(2017/5/19 00:24時点)  Amazon

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です