ヘミシンクやったら、ムカデの霊が出てきてやめた話

精神世界(ニューエイジ)語るうえで、絶対外せないのがヘミシンクですね。

簡単に説明すると、各周波数の違う音を聴いて、右脳、左脳の脳波を同調させ変性意識状態を作り出すのがヘミシンクです。

 

 

ヘミシンクはどういうものかを知りたいならば、

究極の旅   ロバート・モンロー

究極の旅―体外離脱者モンロー氏の最後の冒険

新品価格
¥2,407から
(2017/3/8 10:55時点)  Amazon

を読めばわかります。

まあ、この本がきっかけでヘミシンクやってみようと思ったんですけどね。

著者のロバート・モンローが体外離脱して、いろんな世界に旅をする話なんですけど、内容はまるでSFの世界でおもしろいですよ。

 

 

それで、やるならちゃんとやろうと思ってゲートウェイ・エクスペリエンス1巻~6巻までセットを全部買ってやってみたわけです。

>【ヘミシンクCD】ゲートウェイ・エクスペリエンス ウェーブ1~6巻セット(日本語版)[The Gateway Experience Wave I – VI]試聴できます!

価格:38,795円
(2017/3/8 10:53時点)
感想(0件)   楽天

 

最初のころは結構うまくいって、深い瞑想状態にすんなり入れました。

 

夢か現実かわからない状態になり、不思議なヴィジョンとか体験したわけです。

 

不思議の国のアリスみたいな世界が見えて、チュシャ猫っぽいのも現れて楽しかったです。

 

でも、体外離脱だけはなかなかうまく行かなくて苦労しました。

 

そうこうしていくうちに変なヴィジョンが現れてくるようになりました。

 

エメラルドに光り輝くムカデです。

 

それも50~60cmの大きさのムカデが5体も身体のまわりに浮かんでいるわけです。

 

最初に現れた時はそんなにイヤな感じもなかったので、そのうちいなくなるだろうと思ってほっときました。

 

でも、それからヘミシンクをやるたびにムカデが現れるようになり、いいかげん気になるようになりました。

 

必死で追い払おうとするのですが、どうしても現れてくるのです。

 

他のイメージに切り替えようとしても無理でした。

 

そのうち、へミシンクをやるのが憂鬱になり結局やめてしまいました。

 

ヘミシンクをやらなくなってしばらくして、寝る前にふとシーリングライトに目をやると、カバーの中になにか細長く小さい影が見えました。

 

近づいてみると、どうも虫らしき影だったので、確認するためにカバーを外してみたのです。

 

 

すると、そこにはムカデの子供の死骸が5匹いるではないですか。

 

 

私は驚いて、すぐにエメラルドに光り輝くムカデのヴィジョンを思いだしました。

 

これは、ムカデの霊だったのではないかと悟ったのです。

 

ヘミシンクはいつも寝室でやっていたので、そのムカデの影響を受けてヴィジョンに現れていたのでしょう。

 

私はそれ以来ヘミシンクはやっていません。

 

占いがおもしろくなってきたのもあり、いつのまにか興味がなくなってしましました。

 

別にヘミシンクが悪いわけではないですよ。

 

私の一体験としてお話しました。

 

この体験はネガティブなことのように感じられますが、逆にちゃんとヘミシンクを訓練すれば、目に見えない存在や世界があなたにも見える可能性があり、透視能力も開発できるということではないでしょうか。

 

ヘミシンクのメリットとしては、普通に瞑想などの修行をする場合に何十年もかかる境地に短時間で到達することも出来ますし、ストレス解消にも非常に効果的だと思いますので、興味のある方はぜひやってみたらどうでしょう。

ゲートウェイ・エクスペリエンス第1~6巻セット : The Gateway Experience Wave I-VI (日本語版) [ヘミシンク]

新品価格
¥38,000から
(2017/3/8 10:52時点) Amazon

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です