努力(習慣)の力は馬鹿にならない

興味深い記事を見つけました。

https://forbesjapan.com/articles/detail/20593/2/1/1

この研究結果でもわかるように、残念ながら才能より運の方が大事なようです。

 

まあ、中国占術をやってる人ならわかるかと思いますが、人の運命なんて生年月日(四柱推命)と環境(風水・陽宅、陰宅)の影響でほとんどの運が決まってしまいます。

でも全部が全部ガッチガチに運が決まっているのではなく、努力が運に与える影響もあります。

では、その影響を与える比率は何%か言うと・・

 

だいたい5%と言われています(笑)

 

そりゃまあ、そんなこと聞いた日にゃあ、普通は絶望しますよね・・

 

でも私は思うんです。

この5%が時空(神)が人類にくれたプレゼントだと。

絶望せずによくよく考えてみて下さい。

努力で運が5%上がるのですよ。

 

例えば、仮に毎日5%づつ将来に繋がりそうな何かしらの努力(貯金とか、積立投資とか、スキルの習得とか、勉強とか、副業とか、趣味とか、良く笑うとか、寄付するとか、瞑想するとか・・)をしてみたとしましょう。

一年努力したとして、5%×365日で1825%になります。

10年続ければ、18250%です。

かなり強引ですが、それは置いといても、長期的にやればやるほど途方もない量になります。

歳を取れば取るほど運の差が開いていくのは当然ですね。

そりゃ格差社会にもなります・・(汗)

これこそが努力(習慣)の力です。

 

でも、努力できない人がいきなりすごい努力しようとしても無理です。

毎日軽い感じでちょっとづつ続けていけば、いつのまにかその努力が習慣化します。

習慣化すれば、努力を努力と感じなくなるので、それに加えて新しい努力を5%追加できます。

そうすれば、時間が経てば経つほど雪だるま式に運がよくなっていくことでしょう。

 

その5%の中には、習慣だけではなく『選択する』という行為も入っています。

ここで占いが大活躍する出番です。

選択肢なんぞは五行易(卜占・タロットなどでも可)で占えば、慣れれば1分で判断できます。

運を悪くする選択肢ならやらないならいいわけで、反対に運を良くする選択肢ならやればいいわけです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です