非仙人との対話⑦(杜子春)

誰が求めてるともわからない非仙人シリーズ7回目になりますよ。

 

ある日の瞑想中・・・

 

仙人:あいよ、どうした

 

私:今日は頭のみ見えますね

 

非仙人:だから、前にもいった通り、お前の現状がワシの姿に反映されると言うとるだろうが

 

私:あー、すみません。最近考えすぎて脳内があふれかえっています

 

非仙人:お前は考えこみすぎるきらいがあるからのう

 

非仙人:じゃが、そんなお前でもいいと思うとる

 

私:え?

 

非仙人:ワシはお前と連結しているすべてのものを愛しておるからのう

 

私:あら、珍しいコメントですね

私:新釈 中国古典怪談の話(李復言の杜子春)に書いてるように、仙人になる修行は愛すらも超えなきゃいけないと思ってましたが

新釈中国古典怪談  岩谷薫

 

非仙人:まあ、普通の愛とは性質が違う。

非仙人:一言でいうと、こだわらない愛なのじゃ。

 

私:なるほどー

 

非仙人:杜子春に書いてあったのは、執着の愛じゃの?

 

私:そうだったと思います

 

非仙人:杜子春は最終的に愛だけは忘れられなかった

非仙人:だから仙人になれなかった

 

私:はい

 

非仙人:だが、これだけでは不完全じゃ

非仙人:仙人になるための重要な要素が欠けておる

 

私:えー

 

非仙人:杜子春での話でもっとも重要な言外の要素とは・・

 

私:ゴクリ・・(汗)

 

 

非仙人:究極の自己愛じゃよ

 

 

私:!!

 

非仙人:仙人になるためには、徹底的に自分自身を愛していくことが必要なのじゃ

 

私:むうう・・

 

非仙人:例え周りに何が起ころうとも、自分への愛をつらぬくというのが、仙人になるための秘訣なのじゃ

 

私:わかりました・・

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です