クロアチアVSフランス(試合の占い)

ワールドカップが終わりました。

決勝戦のPK判定はちょっと酷かったですね。

試合をぶち壊した感じでした・・

 

それでは、気を取り直してワールドカップ決勝戦の卦を公開したいと思います。

 

クロアチアチームの方が気になっていたので、世爻はクロアチアです。

月の未土が、世爻の丑土を冲して月破にしています。

月破といっても同性五行ですから、影響は少し軽くなります。

日は巳火で世爻を生じて強くなります。

 

 

 

次に応爻を見ていきます。

応爻は戌土で、月と同性五行で日から生じられて強いです。

 

世爻と応爻は同じ五行であり、原神(官鬼)や忌神(妻財)は、どちらから見てもまったく同じになります。

初爻の官鬼巳火は父母未土に変わっています。

世爻は月の未土に冲されて月破になっていました。

父母未土は月とまったく同じ十二支であり、これは世爻の丑土にとって不利なものです。

応爻は戌土で、丑土からマイナスの影響は受けません。

原神は基本的には味方の意味ですが、これは父母丑土に変わったので、足を引っ張る存在です。

 

そして、青竜があり、青竜は身分か高いという意味があります。

官鬼は管理者、コントロールの意味で、青竜と合わせれば審判です。

そうすれば、審判に不利な判定をされて負けることなります。

 

以上のことから、世爻であるクロアチアは4−2でフランスに負けてしまいました・・

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です