髪を短くしたら風邪を引いた卦

最近、Amazonプライムの『ウェストワールド』というドラマにハマっています。

いわゆるアンドロイド・AI系の話なのですが、テーマが重く深いので私は好きです(描写は結構グロい)。

あと、オープニングもメチャクチャかっこいいですよ。

若干、クリス・カミンガムっぽいと思いましたが。

 

今回は私の占い例で、非常に面白い表現をした卦を紹介したいと思います。

ある日の1日運を占ったら、乾為天が天風姤に変わるという卦を得ました。

世爻(自分)は、月の辰土に冲されて月破です。

そして空亡になり、六獣(神)は白虎があります。

白虎には病気の意味があります。

しかも、初爻の仇神が発動し、忌神である二爻の妻財寅木も日の申金に冲されて、暗動となり世爻を剋しています。

どう見ても良くない卦です。

 

これを見て私は、「あー、今日は体調が良くないなあ」と思い、若干気持ちが落ち込みました。

しかし、その日はやろうと思っていたことがありました。

 

散髪です。

 

私は平時では、理髪店や美容院には行きません。

 

自分で髪を切ります。

 

何故かといえば、理髪店や美容院のトークがあまり好きではなく、以前整体の仕事もしていたのもあり、散髪後の中途半端なマッサージが気持ち悪くなるからです(中にはうまい人もいますけど)。

 

あとは、コストの面と時間です。

 

理髪店や美容院は基本的には値段が高いので、自分で散髪することにより、その分のお金を投資や貯金に回します。

時間も理髪店に出かけると、1〜2時間ほど時間を取られますので、その時間はブログなどの生産的な事に回したいからです。

 

まあ、そんな話はどうでもいいとして、卦の説明に戻ります。

その日の予定通りに午前中に散髪を行いました。

すると、散髪を行ったあとから、急に身体がだるくなり、寒気がして来ました。

これは「ヤバイな」と思って、熱を測ると37度を超えていました。

 

卦を見返すと、世爻が六爻にあります。

六爻は頭の爻位であり、戌土も八卦で見れば『乾』になり、頭の意味です。

また、この卦は『乾為天』で、本宮も『乾』になり、これも頭です。

月破は『切る』『壊れる』『傷つける』などの意味があります。

空亡は『無い』『少ない』などの意味があります。

六獣の白虎は、『手術』『ハサミ』『金属』などの意味があります。

これの意味をまとめれば、散髪(頭にハサミ・バリカンを使う)することで世爻が弱くなり、体調が悪くなることを表します。

 

また、この卦は初爻が発動しています。

子孫子水は回頭剋で力はなさそうですが、発動しているだけで、他の爻に対して影響力を持ちます。

忌神である二爻の妻財寅木を生じて強くします。

妻財寅木は日の申金に冲されて、暗動となり世爻を剋します。

このままでは、かなり体調が悪くなりそうですが、そこまでではありません。

初爻の子孫子水は独発です。

独発の場合には、どこにエネルギーが流れて行くかを見ます。

子水は午火と相冲します。

午火が独発の子水に冲されれば、

 

暗動します。

 

午火は静かな爻ですが、独発爻に冲されると刺激を受けます。

そうすると、寝た子起こすようなもので、目覚めて動き出します。

午火は世爻の原神であり、世爻の土を生じるようになります。

そうすれば、子水→寅木→午火→戌土(世爻)という流れになり、世爻が最終的には強くなります。

そうすれば、体調が悪くなるが、そこまで酷く無いという解釈になります。

 

結果は、当日の夜に38度台まで熱が上がりましたが、翌日には熱が引いて治ったのです。

 

 

基本的に私のブログでは、あまり派手な占い例は扱っていません。

 

「何故、ここまで細かい日常的な描写を説明するのか?」

 

「もっと、派手な出来事はないのか?」

 

と、お思いの人もいるかも知れませんが、日常の細かなことを卦から変換出来なければ、大きな出来事など見れるはずもありません。

いかに日常に起こる出来事・現象を、卦(五行・十二支・八卦)から読み取れるようになることが五行易の上達の鍵になります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です