占いやめようとしたけどやめさせてくれなかったんです・・(泣)

告白します・・

 

ブログで偉そうに占いの講釈をたれてますが、何度も挫折してやめようとした事があります・・

ごめんなさい・・

 

でも言い訳を聞いて下さい・・

 

占いの神々が占いをやめさせてくれなかったんです・・

 

中国の占いは、いろいろ覚えることがあります・・

 

八卦、64卦、五行、陰陽、十二支、十干、六親、六親、風水の理論・・

 

美大入試でもそんなに覚えたことないのに・・

 

そんな頭で覚えるのも大変なのに、まだそれは初歩の段階で・・

 

その知識を使って判断して、結果のデータ収集、分析して、検証しての繰り返し・・・

 

師匠の説明はレベル高すぎて、何言っているかわかんないし・・

 

他人を判断するとしたら、様々な例に臨機応変に対応して行かなければいけないし・・

 

そんなもんテキストに書いてないし・・

 

外れたらどうしようというプレッシャーの数々・・

 

なんだか、私のレベルに合わせるように、占うたびに卦が難しい表現をしだして・・

 

結局、占いの勉強に終わりなんてないんだって気づいて・・

 

とうとう嫌になって無視しようとすると・・

 

その度に五行易や風水の改善を使わざるを得ない状況に追い込まれ・・

 

結局、それを使って危機を脱してしまい・・

 

「ほら、占いは必要だろ」って上から目線で言われているような気がして、悔しい思いをし・・

 

なんだか、操られている感じがして被害妄想が膨らんで・・

 

占いの神々がキン肉マンに登場する邪悪の神々みたいな存在に感じてきて・・

 

ちょうど五人だし、五行なのかなって・・

 

そうしたら、俺はキン肉マンなのかって妄想したり・・

 

でも、そういう時に限って、お客さんが改善効いたって報告してくれて・・

 

うれしくなったりしてモチベーションが復活したり・・

 

なんだかここまで書いたら、占いの神々はツンデレなんじゃないかと思ってきて・・

 

結局かまってほしいのかなって、微妙な気分になっている今日この頃です・・・

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です