イングランドVSスウェーデン(試合の占い)

また、ワールドカップです・・

とりあえず、優勝国が決まるまでやり切りますので、覚悟しておいて下さい・・

 

話は変わりますが、私はあんまりスポーツは好きではありません。

でもサッカーだけは定期的に見てますね。

サッカーの魅力を教えてくれたのは、前に日本代表監督だったオシム監督です。

特にオシムの言葉は感銘を受けました。

 

オシムの言葉 増補改訂版 (文春文庫)

新品価格
¥745から
(2018/7/8 10:54時点)


サッカーだけではなく、人生哲学として役に立つような文言がいっぱいです。

例えば

肉離れ?

ライオンに襲われた野うさぎが逃げ出すときに肉離れしますか?

準備が足りないのです。

これとかですね。

 

うーん、、ハードボイルド過ぎる・・

 

・・話を戻します。

 

今回はイングランドの方がチームとして興味を持ちやすかったので、世爻がイングランドになります。

世爻は月から剋されていますが、日と同性五行で、マイナスとプラスが一対一になり、強いか弱いか判別できません。

次に応爻を見ていきます。

月と同性五行で、日は生も剋もなく、これは強いです。

そして、世爻が水で応爻は土であり、強い応爻が世爻を剋するという形になり、一見スウェーデンが勝ちそうですが、そうではありません。

 

五爻に兄弟申金が発動しています。

申金は世爻の原神で、発動すれば世爻の水を生じて強めます。

そして、応爻も発動しています。

普通、応爻が世爻の忌神として発動するならば、土に水が剋されて世爻が弱くなります。

しかし、世爻の原神である申金が発動することによって、土→金→水という流れとなり、逆に世爻が有利になります。

よって、イングランドが勝ちます。

 

結果ですが、2対0でイングランドが勝ちました。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です